ヘッドライン

【注意】台風10号が「超大型」に成長、強風域の半径830キロ!気象庁が会見で注意喚起!新幹線も運休方針


台風10号(クローサ)が超大型の台風に成長し、そのまま勢力を維持して四国地方や近畿地方に上陸することが分かりました。

8月13日に気象庁が臨時の記者会見を開き、その中で「台風10号は2017年以来の超大型の台風に成長した」とコメント。これから台風10号の上陸が予想されている四国地方や近畿地方、九州地方、中国地方では厳重な警戒をするように呼び掛けています。
また、四国地方の上陸は高潮の時期とも一致していることから、海沿いだと予想以上に大きな波や浸水が発生する恐れがあると注意を促していました。

今回の台風は非常に勢力が大きく、進路からやや距離がある首都圏も大荒れとなる見通しです。移動速度も遅いことから、大雨の長期化にも備えておく必要があると言えるでしょう。

 

九州新幹線と九州の在来線 14日夕方から一部で運休の可能性
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190813/k10012033331000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

台風10号の接近にともなって、JR九州は、新幹線および在来線で、鹿児島県、宮崎県、それに大分県南部を走る列車について、14日の夕方から運転を見合わせる可能性があると発表しました。JR九州によりますと、詳しい運行状況についてはホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

気象庁 台風情報
https://www.jma.go.jp/jp/typh/1910.html

台風第10号 (クローサ)
令和元年08月13日12時45分 発表

<13日12時の実況>
大きさ 超大型
強さ –
存在地域 種子島の南東約500km
中心位置 北緯 27度30分(27.5度)
東経 135度00分(135.0度)
進行方向、速さ 北西 20km/h(10kt)
中心気圧 965hPa
最大風速 30m/s(60kt)
最大瞬間風速 45m/s(85kt)
25m/s以上の暴風域 全域 330km(180NM)
15m/s以上の強風域 南側 1100km(600NM)
北側 600km(325NM)

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next