ヘッドライン

靖国神社が天皇陛下に異例の「行幸請願」、宮内庁は拒否!今年の創立150年に合わせて参拝要求

*宮内庁
昨年に靖国神社が天皇陛下に向けて異例の「行幸請願」を行い、宮内庁がそれを拒否していたことが分かりました。
靖国神社は2019年に創立150年の行事を行うとしており、合わせて天皇陛下の参拝を要求したところ、宮内庁が断ったと報じられています。A級戦犯合祀(ごうし)から天皇陛下は靖国神社への参拝を拒み、平成は初めて天皇参拝がない時代となりました。

メディアの取材を受けた上皇さまの元側近も「(天皇)参拝は政治的にも国際的にも多くの反響を呼ぶ。戦没者慰霊の重要さは上皇さまも現在の天皇陛下もよく承知しているが、とても参拝できる状況ではない」とコメントし、現在の靖国神社は参拝できる環境ではないと指摘。
今後も宮内庁は天皇陛下の靖国神社参拝を予定していないとして、靖国神社側との見解の違いが鮮明になっています。

 

尾を引く、A級戦犯合祀 上皇さま元側近「靖国参拝できる状況でない」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201908/CK2019081402000144.html

 創立百五十年に合わせた靖国神社の参拝要請を宮内庁側が断り、平成は神社創立以来、初めて天皇参拝がない時代となった。戦後七十四年。戊辰戦争の官軍側の犠牲者を慰霊するため明治天皇の意向で造られ、「皇軍」の戦没者らも祭る「天皇の社(やしろ)」の危機感は深まり、新たな転機を迎えたともいえる。上皇さまの元側近は「静かな環境で参拝できる状況ではない」と明かす。A級戦犯合祀(ごうし)が尾を引いている。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    宮内庁の判断根拠そのものが正しい

  • 匿名 より:

    A級戦犯の合祀が理由ではないでしょう。ご皇室は
    政治には関与せず中立でないといけないから。
    安倍政権が憲法改正を目論む現状で行幸とか無理でしょ。
    靖国神社は改憲右翼の精神的シンボルだから。

  • 匿名 より:

    靖国神社側は、何を勘違いしてるのか?
    上皇さまは、靖国に参拝したくない、と仰っており、靖国側も
    それを知らないはずがない。
    なのに、上皇さまが嫌がることを強制しようとするなんて、
    靖国は、自分たちが天皇家より偉いと勘違いしてることの証明である。
    (ふつう相手より偉くなきゃ、そんなこと強制できないよね?)
    さて政府は、このとんでもない勘違い・靖国に、何も言わないつもりか?
    ※恥を知れ! ではなく、身の程を知れ! と某議員が言うべきだろう(笑)

  • 匿名 より:

    これもブサヨの圧力の成果か
    代々行われてきた歴史ある行事を潰し、在チョンに日本を売国するのが使命か?
    日本をズタボロにしていくらもらってるんだお前らここの在チョンは

  • 匿名 より:

    戦前回帰を目論む現政権は「A級戦犯合祀」撤回は絶対に有り得ない。
    日本国民は騙され奪われ捨てられた過去を忘れてはならない。
    また、同じ轍を踏むのか? 
    屁理屈で天皇を利用しようとする靖国神社は一体誰に乗っ取られてしまったのか・・・
    たまらなく胡散臭い臭いがするのだがメディアはスルー天国。
    信用できない国が又復活しようとしている、、、そして国民は又、騙され踊り始めるのだろうか?

  • 匿名 より:

    神社、神道と、靖国神社は根本的に異質な宗教である。
    古来、日本の陰陽道では死者の霊を呼び出す事は禁じられていた。

    靖国神社は、招魂社と呼ばれる、日本の伝統では禁じられていた死者の霊魂を呼び出し、この鬼神をして、国家を守らせようとした、大陸由来のカルト的宗教である。明治期に、東京招魂社と言う名を靖国神社と呼ばせて、あたかも神社である事を偽装したのである。

    戦争亡霊を呼び出し、そしてその憎しみを倍加させて、護国の為に利用するなどと言う思想は日本の思想には馴染まないものである。

    靖国の庭で会おうなどと日本兵に言い聞かせ、零戦特攻隊をテロ自爆死へ煽った、もっとも卑劣なカルトである。

  • 匿名 より:

    上皇が旧長州神社に参拝することを国民は是としない。

  • 長文失礼 より:

    令和元年5月11日早朝、靖国神社の内苑と外苑の間の中通りで、割腹自決された人物がいた。
    一部メディアが小さく報じたものの、一般には殆ど知られていないだろう。
    それが沼山光洋氏だった。
    沼山氏と個人的な接点は特に無かった。
    しかし、私が靖国神社に行くと何度も顔を合わせた。
    必ず同氏の方から、明るく大きな声で挨拶をして下さった。
    「先生、おはようございます」「先生、こんにちは」と。
    いつも穏やかで笑顔の印象しかない。
    しかし、その顔つきには厳しい意志の強さを感じさせる、何かがあった。
    近年、氏が全国の護国神社を巡拝されている話は私の耳にも届いていた。
    しかし、もう10年余り、靖国神社に参拝されるご遺族や戦友など高齢者の為に、車椅子を用意してそれに乗って貰い、拝殿や参集殿まで押してご案内するボランティア活動を続けておられたのは、知らなかった。
    更に昨年の秋からは、宮内庁職員が出勤する通り道に当たる和田倉噴水公園付近で、「天皇陛下靖国神社御親拝(ごしんぱい)祈願」と書いた横幕を持って立つ活動もしておられたようだ。

  • 長文失礼 より:

    その様子を写した写真を拝見すると、雨の中、薄い透明なカッパを着て、幕を手に、私がよく知っている笑顔で立っおられる。
    宮内庁職員の中には、氏に「毎日ご苦労様」と声を掛け、カイロを差し入れてくれる人もいたようだ。
    明治時代に靖国神社が創建されて以来、歴代の天皇は靖国神社への御親拝を続けて来られた。
    ところが、平成の御代(みよ)において、遂にその事は叶わなかった。
    それは勿論(もちろん)、上皇陛下のお考えによるのではない(現に勅使〔ちょくし〕の御差遣〔ごさけん〕は一度も欠かされなかった)。
    御親拝が可能になる状況を作り上げる事が出来なかった、国民の責任だ。
    沼山氏の自決は、そのお詫びの為というのが大きな動機だったらしい。
    氏のご遺書を読んだ人の話によると、それには「絶対に(上皇)陛下への批判と勘違いしないでください」という趣旨の一節があったようだ。

  • 長文失礼 より:

    自決当日の日付のご本人の文章の冒頭には、以下のように書かれていた。
    「天皇陛下・皇后陛下には心より皇室の弥栄(いやさか)を御祈念申し上げます。
    上皇陛下・上皇后陛下には心より感謝申し上げます。
    …平成の御代に御親拝賜(たまわ)れなかったこと天皇陛下、御祭神(ごさいじん)の皆様に大変申し訳なくお詫びの言葉もありません」と。

    締め括りの文章は次の通り。
    「人間にとって最大の病は絶望と言いますが、ならば希望は最高の良薬の筈(はず)です。
    新時代令和を元気に明るく希望を持って皇室の弥栄、民族の誇りを守る為に
    邁進(まいしん)いたしましょう」
    氏の笑顔が彷彿(ほうふつ)と浮かび上がって来るようだ。
    平成から令和への御代替(みよが)わりに当たり、このような死を遂げた国民がいた事実を、少なくとも私は忘れないようにしよう。
    ー高森明勅ー

  • 匿名 より:

    なお、5月11日は靖国神社の御祭神、
    西田高光命(のみこと)のご命日だった。

  • 匿名 より:

    特攻隊で死んだだけの人間が神様になっちゃうの?
    (トランプに言わせると、特攻隊ってヤク中と変わらないそうだけど)

  • ろくさん より:

     靖国神社こそ、皇室を利用し、英霊の遺志を踏みにじる「君側の奸」である。
     増長した彼らに、もはや戦場にて斃れた御霊を祀る資格なんぞ無い!

  • 匿名 より:

    キモウヨが大挙してカキコしてんな。
    お前らいつの時代の人間だよ。ジジウヨ、ババウヨの類いならさっさと隠居してくださいよ、この老害。

  • ロハスな人 より:

     靖国神社の母体である神社本庁は本来の神道とは全く無関係な『人造宗教』です。
     わざわざ『招魂社』なるものを『発明』し、神道本来の『鎮魂』ではなくて、『招魂』という儀式を『発明』(または陰陽道あたりからの『輸入』)してなにをされ続けてきたのか個人的には理解に苦しみます。
     A級戦犯の人達も『本来の祀る基準である戦死ではない』にも関わらず、『強引に理屈を付けて合祀』したことなどから祀る基準も『極めて政治色の強い』宗教施設であると断言できます。
    (※『朝敵』である長州藩の久坂玄瑞も祀られている⇒長州藩優遇)
     母体である神社本庁が、安倍政権の閣僚が多数含まれているのに『祭政一致』というおよそ民主主義とはあいいれない主張をする団体であることももっともっと周知されてしかるべきでしょう。 
    ◎『 在特会より危険!? 安倍内閣を支配する極右団体・神社本庁の本質 リテラより』
    ○安倍内閣の19閣僚中なんと16人が神社本庁を母体とする政治団体「神道政治連盟国会議員懇談会」のメンバーであり、そして、安倍晋三首相はその神政連国議懇の会長をつとめているのだ。
    ○ 自主憲法の制定、靖国神社での国家儀礼の確立、道徳・宗教教育の推進、東京裁判と侵略戦争の否定、A級戦犯の擁護、夫婦別姓反対、ジェンダーフリー反対、皇室と日本の文化伝統の尊重……。
     もちろんこれくらいは、保守的な宗教団体の主張としては珍しくない。しかし、神社本庁の機関紙「神社新報」を見ていると、もっととんでもない主張がしばしば登場する。それは「祭政一致」だ。

  • 匿名 より:

    カルト宗教の分際で、安倍のオトモダチだからって調子に乗ってますね。
    カルト指定してオウムみたいに監視すればいいのに、安倍の肝いりだから忖度だらけで逮捕もできないんだろ。
    日本会議、靖国神社、潰れてしまえ。

  • 匿名 より:

    パヨクの反発が見苦しいな
    反安倍、反グローバリズムは正しいことだが、
    これでは結局のところパヨクもネトウヨも共に亡国の道を歩む同じ穴の貉でしかないわ

  • ロハスな人 より:

     イギリスの国営放送BBCは靖国神社のことを『戦争神社』としっかり報道しています。
     日本会議界隈の人達の『A級戦犯合祀』≒『先の大戦で日本は悪くないと主張』の目論みは謀略大国英米にはとっくに知られており、そのことを『日本たたきの材料』に使われていると、自称保守の方たちは知る必要があります。
     これは慰安婦問題も同様で、『慰安婦はなかった』と安倍政権が主張するのと呼応して、欧米が国連を通して『日本のセックススレイブは問題だ』と叩くのと全く同じ構図です。
     日本会議界隈の方たちは靖国問題と慰安婦問題でわざわざ自分達で『欧米に攻撃の材料を与える』という自爆ぶりも『従米政策の一つ』ではないかと疑ってしまいそうになります。

  • 匿名 より:

    日本会議とか極右の連中の言うことを聞いていると、靖国には『魔物』が取り付いてて、その『魔物』が彼らに取り付いて言葉を発している気がする。太平洋戦争の犠牲者だけじゃ足りなくて、血に飢えた『魔物』がもっと犠牲の供物をよこせよこせ!と要求している感じ。日本の古式ゆかしい神社や寺社にはない異質感がある。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next