ヘッドライン

二・二六事件の最高機密文書を発見!海軍が陸軍を監視、昭和天皇が拡大懸念!海軍もクーデターを事前に把握


昭和11年2月26日に陸軍の青年将校らが東京都心で政府要人らを殺害した近代日本最大の軍事クーデター「2・26事件」について、詳細な情報を記録していた海軍の最高機密文書が発見されました。

NHKの記事によると、この機密文書には事件の発生から収束までの4日間を分単位で記録されており、海軍側の視点で将校の動きや天皇陛下の発言内容などが記載されていたとのことです。
記録の中には昭和天皇から直々で海軍の鎮圧部隊に、「指揮官は部下を十分握りえる人物を選任せよ」というような要望を出していたとの記述も見られました。

また、海軍もクーデター計画の存在を1週間ほど前から把握するも、何処かで情報が握り潰されたことが発覚。

クーデターの前後に海軍が陸軍を監視し、クーデターの最終日である2月29日午前8時5分の記録には海軍の陸上部隊が防毒マスクまで装着した上で、「直ちに出撃し、一挙に敵を撃滅す」と決心していたことも記載されていました。

東京が戦場になる目前まで緊張状態が高まっていたことを示す資料で、歴史的にとても価値があると言えるでしょう。
*2・26事件とは皇道派の影響を受けた陸軍青年将校らが1,483名の下士官兵を率いて起こした日本のクーデター未遂事件。この事件の結果岡田内閣が総辞職し、後継の廣田内閣が思想犯保護観察法を成立させました。後に太平洋戦争まで繋がる日本国内の統制強化を実施する口実ともなり、2・26事件の前後で日本は大きく変わります。

 

二・二六事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E

陸軍内の派閥の一つである皇道派の影響を受けた一部青年将校ら(陸軍幼年学校、旧制中学校から陸軍士官学校に進み任官した、20歳代の隊附の現役大尉、中尉、 少尉達)は、かねてから「昭和維新、尊皇斬奸」をスローガンに、武力を以て元老重臣を殺害すれば、天皇親政が実現し、彼らが政治腐敗と考える政財界の様々な現象や、農村の困窮が終息すると考えていた。彼らはこの考えのもと、1936年(昭和11年)2月26日未明に決起する。

決起将校らは歩兵第1連隊、歩兵第3連隊、近衛歩兵第3連隊、野戦重砲兵第7連隊等の部隊中の一部を指揮して、岡田啓介内閣総理大臣、鈴木貫太郎侍従長、斎藤實内大臣、高橋是清大蔵大臣、渡辺錠太郎陸軍教育総監、牧野伸顕前内大臣を襲撃、総理大臣官邸、警視庁、内務大臣官邸、陸軍省、参謀本部、陸軍大臣官邸、東京朝日新聞を占拠した。

そのうえで、彼らは陸軍首脳部を経由して昭和天皇に昭和維新を訴えたが、天皇はこれを拒否。天皇の意を汲んだ陸軍と政府は彼らを「叛乱軍」として武力鎮圧を決意し、包囲して投降を呼びかけた。叛乱将校たちは下士官兵を原隊に復帰させ、一部は自決したが、大半の将校は投降して法廷闘争を図った。しかし、事件の首謀者達は銃殺刑に処された。

事件後しばらくは「不祥事件(ふしょうじけん)」「帝都不祥事件(ていとふしょうじけん)」[3]とも呼ばれていた。
算用数字で226事件、2・26事件[4]とも書かれる。

「二・二六事件」海軍極秘文書発見 収束までの4日間詳細に記録
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190815/k10012036931000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

戦前、陸軍の青年将校らがクーデターを企て、政府要人を殺害した「二・二六事件」について、事件の発生から収束までの4日間を分単位で記録した極秘文書が残されていたことがNHKの取材でわかりました。
当時、海軍が記録したもので、青年将校と軍幹部の動きややり取りなどが細かく記されており、専門家は近代日本を揺るがした事件の新たな側面を浮かび上がらせる第一級の資料だと指摘しています。

二・二六事件 海軍極秘文書 昭和天皇 事件拡大 懸念する発言
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190816/k10012037291000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_018

戦前、陸軍の青年将校らがクーデターを企てた「二・二六事件」について、事件の推移を分単位で記録した海軍の極秘文書が見つかりました。断固鎮圧を貫いたとされている昭和天皇が、海軍まで企てに同調することはないか、事件の拡大を懸念する発言をしていたことが記録されていて、専門家は当時の天皇と軍の関係を知るうえで極めて貴重だと指摘しています。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    某バカ議員がぶっ壊す!と発狂してるが、こういう番組はまだNHKは秀逸ですね。
    安倍をはじめとしたネトウヨは、歴史から学ぶことをしないからなぁ。

  • 匿名 より:

    大体明治以降~戦前戦中は、茶番と嘘による国家による統制強化が(法)目的だよ(将校は騙されたのだろう)

    今また安倍政権が同じ事を繰り返し着々と進めてるよ。

  • 匿名 より:

    傍受された音声の
    だれだ君は?→内藤です→歩3の高橋さんね→どなたですか?
    の流れすき

  • 匿名 より:

    二・二六事件は誰かが知っていながら、止めることなくやらせた、ってことなんだろうな。
    問題はその「誰か」(複数?)なんだが……。

  • 匿名 より:

    「極秘文書に残されていたのは、不都合な事実を隠し、自らを守ろうとした組織の姿でした」
    「極秘文書に残されていたのは、不都合な事実を隠し、自らを守ろうとした組織の姿でした」
    「極秘文書に残されていたのは、不都合な事実を隠し、自らを守ろうとした組織の姿でした」
    ・・・
    歴史は繰り返される って本当なのですかね。文書を次代に引き継ぐって重要なことですね。

  • 国粋.sega より:

    これ最初に情報掴んだのも、握り潰したのも、
    海軍上層部の米国諜報機関代理人でしょうね
    真珠湾奇襲攻撃計画と同じ構図じゃないかな

  • 匿名 より:

    不都合な事実を隠し自己を守る、どっかの誰かさんが現在進行形ですな。誰かさんの求めるウチュクシイクニとは、まさにこの時代なんですね~。

  • 匿名 より:

    この事件をきっかけに政治家も海軍将校も身の危険を感じ、陸軍に対して言えなくなっとたのが、戦争に突き進んだ原因の一つといわれる。
    2.26の真相がわかれば、日本が戦争に突き進んだ真相の解明につながると思う。
    .
    この事件で天皇が信頼していた侍従長の鈴木貫太郎が4発撃たれ殺されかけたが、これで天皇は怒り、事件の首謀者を許さなかったといわれる。
    .
    この鈴木貫太郎は終戦時の総理大臣で、終戦前夜に陸軍将校に官邸を襲われ殺されかけたが間一髪脱出した。
    同時に8月15日未明から、玉音放送を阻止し日本の降伏を阻止しようとした陸軍将校たちは、日本最後のクーデター宮城事件(玉音盤事件)を起こし、近衛第一師団長森赳中将を殺害、師団長命令を偽造し近衛歩兵第二連隊を用いて宮城(皇居)を占拠した。
    幸い玉音放送を阻止することは出来ず日本は降伏したが、もし宮城事件が成功していたら、我々は今生きていないかもしれない。

  • 匿名 より:

    公文書を残さないように必死にしている安倍政権。
    何か隠さないといけないようなことをしているのですか?

  • 匿名 より:

    山本五十六といい、南方の戦線の有様といい、どうも海軍はアメリカのスパイがいたとしか言い様がない。今ではこんな工作は通用しないだろうが。

  • 匿名 より:

    >東京朝日新聞を占拠した。

    産経グループの見解や、いかに?

  • 匿名 より:

    歴史を改竄することで有名な某新聞は
    某政権を応援しています・・・・

  • 匿名 より:

    二二六事件の頃は産経新聞はありませんね・・・

  • 匿名 より:

    >2019年8月18日 2:31 AM
    >東京朝日新聞を占拠した。
    戦前戦中最も戦意高揚報道をしたのは朝日新聞だった。
    終戦前日にも敵の新兵器(原爆)なにするものぞと、臆せず戦えと書いていた。
    NHKが8月12日に「NHKスペシャル「かくて“自由”は死せり~ある新聞と戦争への道~」で「日本新聞」という右派新聞を取り上げていたが、むしろ朝日が最も戦意高揚を図っていたといわれる。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next