ヘッドライン

【悲報】日本の食料自給率が過去最低に!カロリー基準で37%と不作、悪天候も影響 米国からの大量購入に疑問


日本の食料自給率が過去最低水準に落ち込んでいることが分かりました。

農林水産省によると、昨年度の食料自給率はカロリー基準で前の年度より1ポイント下がって37%となり、過去最低だった平成5年の記録と並んだとのことです。農林水産省は天候不順が大きな要因だとして、水田を活用した生産拡大や農地の集積などで自給率を引き上げたいとしています。

政府は6年後までにカロリーベースの食料自給率を45%まで引き上げる目標を掲げていますが、依然として厳しい現状が続いていることを示している数字だと言えるでしょう。
一方で、生産額を基準にした食料自給率は前年度と変わらず66%となっていました。

先日に「安倍晋三首相が日米首脳会談でトランプ大統領から米国産の農産物を大量購入するように要請された」と報道されたばかりですが、このままだと日本の食料自給率は更に低迷することになりそうです。

日本の食料自給率グラフ

 

食料自給率37% 平成5年度と並び過去最低
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190806/k10012024451000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

国内で消費された食料がどれだけ国産でまかなわれたかを示す食料自給率は、昨年度、カロリー基準で37%と、コメが記録的な不作となった平成5年度と並んで過去最低となりました。
日照不足などの天候不順が主な要因です。
農林水産省の発表によりますと、昨年度の食料自給率はカロリー基準で前の年度より1ポイント下がって37%となりました。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    安倍内閣は、いつまで居座り続けるつもりなのか。

  • 匿名 より:

    小泉内閣以来,ろくな首相がいない。(マシなのは福田首相くらい)
    特に森・安倍の2名は最悪中の最悪。そのバックの経団連なども最悪。
    「1%&その応援団」をのさぼらせっぱなしはもうやめよう。

  • TPP破棄なくして格差解消なし より:

    TPPなどのグローバル化協定が更に追い打ちをかける。グローバリズムをぶっ壊せ。これは今の重要政治課題だ。TPPをぶっ壊せ。日欧EPAをぶっ壊せ。
    「一部見直し」などではない。完全否定、無条件即時破棄だ。
    オーストラリアだったかな。「~ならTPPを見直す」と言った党が批判票を集めて政権を取ったが、結局TPP推進に動いたという例もある。だから、「一部見直しを検討」とか「~なら離脱」とかではダメだ。一歩もブレずに「完全否定、無条件即時破棄」を目指せ。
    TPP破棄にすら言及しない野党は野党と言うに値しない。民主系、貴様らの事だ。立憲なんか、公式サイトに堂々と「日欧EPA・FTAAP・日中韓FTA・RCEP等の自由貿易を進める」と書いてる。問題外。
    れいわ新選組は「TPPを抜けるべき」と言った。その姿勢をもっと強く出せ。TPP等の協定には、グローバリズムや新自由主義など、近年格差を広げてる自民党の悪政が詰まってる。これをぶっ壊す事は消費税廃止並に大事な事。グローバル協定破棄を消費税廃止と並ぶ重要政策に掲げ、「政権を取ったらまずグローバル協定破棄」と言え。

  • 匿名 より:

    食は国の安全保障のはじめの一歩
    自給率を上げなければあっという間に外国に兵糧攻めにさせられてしまう

    それなのにTPP推進 種子は売り渡し 水道は外資の手へ・・・

  • up より:

    遺伝子組み換えを推進する某政権。

  • 匿名 より:

    これから食糧危機がやってくる。
    他所の国に食糧を輸出する暇などなくなる。
    さらに自動化が進み、人手不足は解消される。

    これで移民を入れたらどうなるか、バカでもわかるはずだ。

  • 匿名 より:

    田舎に住む者ですが、田畑が激減しました。
    農家の多くは後継者がいなくて、田畑は住宅地に変わっていきました。
    皆さん兼業農家で頑張ってこられたが、幼い頃から両親の大変さを見てきた子供達は継がない人が多いです。
    昔は田植えや稲刈りシーズンになると、兼業農家の方は会社休んで作業されていました。
    「会社の仕事のほうが楽できる」と、皆さん言われてました。
    フランス並みに、国が農業を手厚く面倒みないと日本終了です。

  • 匿名 より:

    まあ、東日本大震災時の津波で太平洋側の田んぼが大打撃を受けた時ですら、減反政策をやめたなかったような国ですからね。

  • 匿名 より:

    いつまでも自民党しかない!の農協を始めとする農業関係者はいい加減、自民党の集票マシーンになるのをやめろ!

  • 匿名 より:

    山本太郎は食料自給率は国防に大きな影響があるとも言ってましたね。100%を目指すべきだと。
    100%に出来る出来ないは分からないけど、なるだけ引き上げる政策を取らないと。
    種子法改正とかでモンサント以外の種(遺伝子組み換えの種)しか使えないとか、アメリカに国の生命線を業務委託するような事はやめてほしい。あと、農薬残留基準が世界的に見ても高すぎる。使い過ぎだし、国民に農薬食わせすぎ。
    これ今の日本の現実。
    これをどう捉えるかは各々かもしれないけど、この様なことを変えなくても良い理由はないでしょ?
    もっともっとマシになる様に政府が動くことを否定出来る?
    やってもらった方がより良い国になると俺は思う。

  • 匿名 より:

    ・シンガポールは自給を諦め、アセアン諸国からの輸入に頼る(農業国ばっかし)
    ・EU諸国は食料に関して互いに垣根が無い
    ・米国は食料供給国
    ・中国は上海協力機構、BRICS等のつながりで困らない
    ・ニッポンは?韓国は?(貿易紛争でもやってろ!)

  • 匿名 より:

    日本を売り尽くす自民党政権が続く限り、日本の国力が削がれるのは当然である。

  • 匿名 より:

    農業を根本から破壊する「種子法の廃止」に邁進した進次郎は不要
    進・クリ御成婚ごっこを花道に「さ・よ・う・な・ら」
    れいわが種子法の見直しを政策にあげている

  • 匿名 より:

    これでも自民公明に票入れちゃうわけでしょう?日本を守るとか立て直すなんてまやかしなのに信じ込まされて。あとは利権や保身の為なら何でもする薄汚い企業連中と悪魔に魂を捧げるカルト狂信者の票集め。安倍ムサシもあるな。結局、れいわに政権交代できない限り永久に国民は奴隷のままだよね。

  • 匿名 より:

    北海道がすでに遺伝子組み換え王国だった
    tunenti@tunentlさんのツイート
    「何度もつぶやくよ!内部被曝を避ける為に北海道産の有機JAS米を買ってる人いると思うけど、道産米は「ゆきひかり」を除いては全て遺伝子組み換えだから有機JAS米は有りえない!この事は農業者自身が一番よく知ってるはず!!種取できない事くらいわかってる。騙そうとしてる人いるんだよね!!」

  • ロハスな人 より:

    昨年度の食料自給率はカロリー基準で前の年度より1ポイント下がって37%となり、過去最低だった平成5年の記録と並んだとのことです。>
     この数字は昨年度のことであって、売国協定であるTPPや日欧EPAに加入してから『各国からの農畜産物の輸入が激増』し、現在の自給率はさらに大きく下がっていると思われます。
     その上、日米貿易戦争敗戦で『TPP以上のゆるい水準』でアメリカからの農畜産物輸入が増えれば、日本の畜産農家が大打撃を受けて、さらに自給率が低下する流れになっています。
     れいわ新選組の掲げる『第一次産業の担い手への所得保障』導入が急務だと思われます。

  • 匿名 より:

    >『第一次産業の担い手への所得保障』
     
    それも必要だが、諸悪の根源であるTPPや日欧EPA、対米従属を壊さないと根本的解決にならない。グローバル協定の破棄は一丁目一番地。

  • 匿名 より:

    →1127

    マジほんとにそれ

  • 匿名 より:

    まず、日本は経済的にも食糧自給的にも、諸外国から独立するべきです。
    優先順位を、まず国内第一とすべきです。
    あしもとを治めてから、諸外国に向かうべきです。

    そして、今の情けない現状は、80年代バブルがあって、今がこうして来ているのを理解しないと。
    あのバブルの時期に、浮かれ騒いでいた、その反省が必要なのです。
    豊かな時こそ、落ちついてまわりを見渡す慎重さが必要だったのです。
    今は、それをしなかった反省する時に来ています。

  • 匿名 より:

    官は民を守り、民は官につくす。
    会社は社員を守り、社員は会社につくす。
    そんなスタイルが日本式経営の底力になるのに、権力を手にした上は下を冷酷に絞り、下は狡猾に動こうとする。
    いつからか、そんな風潮が普通に見られるようになってしまって。。

    今後この先を思うとして。

    農家も自営業も、高齢化が進んでます。
    老人は慣習を守ろうとします。
    たとえ、自民党が農家や自営業にとって苦しい政策を進めたとしても、その現場では
    「自民党にはしっかりしてもらわないと…」とか言って、結局また自民党に投票するのです。

    国民選挙の問題点は、民度の低さにもあります。

  • 匿名 より:

    きっこ@kikko_no_blogさんのツイート
    「今日、安倍晋三のお膝元の山口県で農業をやってる40代の男性と話す機会があったんだけど、その人、こう言ってた。「地元じゃ口が裂けても言えないけど、私ら農家から見たら、自民党より共産党のほうが農家を守ってくれる保守政党に見える。みんな口には出さないけど、農家は野党に投票し始めた」と。」
    農家が野党に投票し始めた
    れいわが最も農家に優しい政策ですよー。

  • 冨田健太郎 より:

    持続可能な生産技術を専門とする学者・研究者ですが、穀物自給率の増大(耕作放棄地の有効利用も含む)はわが国には重要な課題だと思います。味噌・醤油・納豆・豆腐等の日本の伝統食であるダイズの生産強化を訴えたいですね(これらの国産は26%程度。食用油脂も含めると5%)。米国やブラジル等からの依存は怖い(遺伝子組み換え問題も無視できず)。国内で賄えない分はランドラッシュ戦略。出版本もあり。水田稲作(食用以外にも、血糖値を上げないエリスリトールの製造等多目的利用も考慮)の強化。国内消費のみならず、土壌汚染の激しい中国への輸出も必要と思っています(経済活性化も含めて)。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next