新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

世界経済崩壊が秒読みに突入か!?遂に逆イールドの本命サインが出現!的中率は100%、リーマン前夜と類似


遂に世界経済の崩壊を示す重要なサインが出現しました。
8月14日にアメリカの債券市場で12年ぶりに長期債と短期債の金利が逆転する「逆イールド現象」が発生。逆イールド現象は「景気後退期の前兆」「経済崩壊の警鐘」とも言われ、逆イールドが発生すると一度の例外もなく、逆イールドの発生から1年程度で大規模な株価暴落や世界的な景気後退期に突入しています。

8月14日のニューヨーク株式市場はダウ平均株価が800ドルも急落しましたが、これも逆イールドの出現を受けて市場や大口投資家から売り注文が殺到したからです。先週は過去最高値の水準まで上昇していただけに、不気味な逆イールドの出現は世界経済に暗い影を落としていると言えるでしょう。

しかも、今回の逆イールドはかなり特殊で、アメリカとイギリスの2カ国で同時に出現しています。イギリスと言えば、EU離脱問題で揉めている最中だけに、アメリカとイギリスの2カ国で同時にリーマンショッククラスの出来事があっても不思議ではないです。

日本にとっても他人事ではなく、10月の消費増税と合わせて、リーマンショック級の大恐慌が来た場合、日本経済は二重の痛手を負うことになるかもしれません。

ちなみに、アメリカのトランプ大統領は逆イールドの出現に激怒し、FRB(アメリカの中央銀行)などに早急な経済対策を実施するように圧力を掛けています。

 

逆イールドとは 長短金利逆転にみる景気後退サイン
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO48614970W9A810C1EA2000/

▼逆イールド 満期までの期間が長い債券の利回りの方が、短い債券の利回りよりも低くなること。長期金利の指標である10年物国債利回りと、2年物や3カ月物の国債の利回りを比べるのが一般的だ。米国債では2000年や07年の景気拡大終盤で逆イールドが発生した。発生後に景気後退が訪れたケースが多いことから、市場関係者は「景気後退」の予兆として重視している。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!