ヘッドライン

立憲民主党と国民民主党が会派統一で合意!民主党が再び復活?玉木氏「与党の数の力に対抗を」

立憲民主党
8月20日に国民民主党の玉木雄一郎代表と立憲民主党の枝野幸男代表が衆参両院で会派を合流する方向で合意しました。
両代表は国会内で会談し、玉木氏は「衆・参両院で同時に会派を組むことが『数の力』を背景とした与党に対抗しうる野党の強力な構えにとって不可欠だ」と述べ、衆参両院で会派をまとめると言及。

枝野代表も会派の合流を歓迎するとして、「われわれの呼びかけに理解をいただいたことは大変な英断で、敬意を表したい。代表としての私の責任で、衆・参両院で会派を共にしたい」とコメントしています。
国民民主党からは対等な立場で共闘する案もありましたが、最終的には立憲民主党の会派に国民民主党の議員らが加わる形で合流するすることになりました。

ただ、政策の違いから国民民主党の内部からは会派統一に反対の意見も根強く、一部の議員らが維新の会などに合流する動きを見せています。この動きによっては憲法改正にも大きな影響を与えることになりそうです。

 

立民と国民「衆・参両院で会派を共にする」 両代表が合意
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190820/k10012041691000.html

立憲民主党の枝野代表と国民民主党の玉木代表が国会内で会談し、安倍政権に対じするため野党勢力を結集させる必要があるとして、衆・参両院で会派を合流することで合意しました。
立憲民主党は、先に、国民民主党に対して、憲法改正やエネルギー政策などの党の政策を理解したうえで衆議院の会派に加わるよう要請しました。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    「統一会派を結成」するのと、「合併(合流)」は、どう違うの?
    だれか教えてください。

    そしてこの会派には、野田とかも入るの?
    アベに政権を「禅譲」した野田を?
    下手くそな芝居やって民主党を売り渡した野田を?

    で、また内部で意見対立してゴタゴタ、分裂するの?
    アホくさ。
    太郎がいいや。

  • 匿名 より:

    またまた「上だけ」の「ボス交」ですね。
    私的には「いつまで20世紀の発想でやってるんだろう」です。

  • 匿名 より:

    どう見ても自民党への対抗ではなく、
    れいわ新選組への対抗だわなwww
    「落選するのはやだもん」
    そういう危機感。

  • 民主党=永遠の第二自民党 より:

    なぜ政策対立で分かれた筈の両党が一緒になれるのか?答えは簡単。そもそも政策対立など無かったからだ。民主党政権は消費税を増やす、大企業に減税する、TPP参加を進める、生活保護などの社会保障を減らす等、自民と同じ悪政をした。あれが民主の本性だ。民主は財界など自民を操ってる勢力の別働隊。そんな物が増えて自公が倒れても、政治が良くなる訳が無い。
     
    2年前、「民進党が左右に分かれた」「立憲は筋を通した」等と言われたが、そんな話は真っ赤な嘘だ。民主系は隅から隅まで第二自民党。資本家勢力や米国の手先なのは変わらない。だから、枝野と前原が争った代表選でも、政策対立は碌に見えなかった。100%第二自民党の民進党が幾ら分裂しようが、自民党のコピーが増えるだけだ。更に言うと、民進党の希望合流は全会一致で決まった。枝野幸男ら立憲議員も賛成してた訳だ。なのに、「立憲は希望とは違う。筋を通した」なんて話があるか!
     
    だから、あれほど「筋を通した」と言われた立憲も、何が良いのか全く不明なままだ。立憲も国民も、週刊誌ネタなど政策以外の事で自民を叩くのが殆どであり、政策や政治全体の方向性に突っ込んだ批判はしない。やってる事が分裂前と何も変わってない。民進分裂前、「悪いのは前原・長島・細野らだ」と言う連中が居た。彼ら曰く、悪いのは前原ら一部議員だけであり、大多数は悪くないらしい。なら、前原・長島・細野が居ない立憲が、碌に自民党と戦ってない事はどう説明する気だ。「悪いのは一部だけ論」の嘘はハッキリした。
    京都の首長選挙では、自公系と組んで共産党に敵対した。立憲は公式サイトに、「日欧EPA、RCEP等の自由貿易を進める」と書いてる。消費税に関しては、やはり「今は延期」と言うだけ。これのどこが筋の通った党だ。ああ、第二自民党としての筋か。
     
    ハッキリ気付け。民主系は自公と纏めて倒すべき敵である事に。そして、民主系を含めた今の野党共闘は根本的に間違った物である事に。何の為に自公を倒すのか忘れるな。格差を広げる政治、人々を抑圧する政治を倒し、苦しむ人を救う為だろ。その為には、消費税廃止、TPPや日欧EPAの破棄、対米従属打破など大きな変革が必要。民主系と組むデタラメ共闘でそれが出来ると思うか。政治の中身は変わらず、ずっと不幸になる人を増やす物だ。こんな物を信じる奴は安倍信者並の馬鹿だ。
     
    れいわ新選組は野党共闘を完全拒否しろ。民主系は敵だ。民主系と組む共産党も終わってる。「反既成政党」を掲げて戦え。

  • 匿名 より:

    ネット軍師暇そうやね

  • 匿名 より:

    れいわ各社支持率

    07/23 共同 *2.2
    07/23 読売 *1.-
    07/23 朝日 *1.-
    07/28 日経 *2.-
    08/05 JNN *1.3
    08/05 FNN *1.6
    08/05 NHK *1.2
    08/16 時事 *1.0
    08/18 共同 *4.3 ←!
    08/19 ANN *0.8
    管理人どう思う?

  • 匿名 より:

    与野党の茶番選挙~国会を何時まで繰り返すの、
    自公も元民主系も同じ穴の狢、

    残念ながら実際反安倍なのはレイワと共産社民ぐらいだろう、

  • 匿名 より:

    相違があって分裂したのにくっつくの?
    与党じゃなくれいわを意識してるんですね。

  • 匿名 より:

    枝野は他の野党とは組みしないと言っていたが、れいわ新選組が出てきて相当な危機感を持ったんだなと思う。

  • 匿名 より:

    復縁夫婦じゃあるまいし、枝野も玉木もどうしようもない。離れたりくっ付いたり、ハタからするとアホらしくて見ていられん。お前らにこの国を本当に良くしようという真剣さはあるのか? 数ではなく、政策と行動力で勝負せい!

  • 匿名 より:

    N国党の方はそろそろ圏外へ。終わりの始まり。
    立花からマツコを守る党@matukowomamoruさんのツイート
    #N国党離党者に対する #立花孝志氏の #脅迫がえぐい。
    「こいつの母親・彼女も知っている。徹底的にこいつの人生潰す。覚悟しとけよ、ボケ」とYouTubeで絶叫。#暴力団顔負けの脅迫。

    週間文春『N国・立花党首「ひとり放送局」に詐欺行為の疑い』5000万円詐取か

  • 匿名 より:

    数で対抗したいのは、自民に対してじゃなく、れいわに対してだわな。枝野もホント器が小っちゃいな。

    まぁ、別に野党応援してるわけじゃないから、離合集散を楽しませてもらうわw

  • 匿名 より:

    自民党だって全く考えの違う人間が、権力を得る為に寄り集まる烏合の衆だらけなんだから、会派を組むぐらい問題無いでしょ。

  • 匿名 より:

    >>自民党だって全く考えの違う人間が、権力を得る為に寄り集まる烏合の衆だらけなんだから
     
    全く考えが違う?どこが?経団連のイヌ、弱者切捨てなどの本質は変わらない。民主系も同様。自民や民主の中に政策対立が有るという手の話には全く根拠が無い。

  • 匿名 より:

    自民党の売国と戦うという「れいわ」に席取られたくないから合併する国民と立憲
    いやー見事な足の引っ張り合いwww
    まぁ共産党はずっと協力してこなかったわけだし、筋通ってると思うがw
    こりゃまた衆議院も自民党圧勝ですなw安倍は黙ってても勝てるだろw実際
    楽な選挙戦になりそう。投票率もどんどん下がってるし固定票がある自民、公明の圧勝

  • 匿名 より:

    えだのん、れいわと共闘しても良いって言ってなかったっけ?撹乱分子がいなくなってくれるのなら、またくっついても良かろう。

  • 匿名 より:

    どちらの党も半島出身者の子孫の会的なもの
    日本を良くしようなどとは全く思っていない
    日本は半島の一部だと本気で思っている人達の集まりみたいなもの。

  • 匿名 より:

    そもそも民主党が割れてしまったのは希望の党による影響が大きい。擬似リベラルに誑かされたせい。
    野党連合は数を増やすことに重点を置いて憲法改正を止めて欲しい。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next