ヘッドライン

南米アマゾンの森林火災に軍投入へ!ローマ法王やEU大統領も懸念表明 「アマゾンは地球の肺」


南米アマゾンの森林火災で、ブラジル政府が消火活動に軍を投入すると発表しました。投入された軍隊は約4万4000人で、ブラジルのボルソナロ大統領はアメリカなどの国々とも連携して消火活動を強化すると表明しています。

ただ、森林火災は万単位で同時多発していることから消火活動が間に合っておらず、今も火災が収束するめどはたっていません。

この森林火災について世界各国からも懸念の声が相次いでおり、EU(ヨーロッパ連合)のトゥスク大統領は「ブラジル政府が火災を放置すれば、EUと南米各国が先に基本合意した自由貿易協定をEU加盟国が批准するのは難しいだろう」とコメント。
ブラジル政府が対策を取らなければ、EUと南米各国が基本合意した自由貿易協定を批准するのは難しいとの認識を示しました。

8月25日にはローマ カトリック教会のフランシスコ法王もミサで「この森林は地球の肺であり不可欠なものだ」と述べ、世界各国に森林火災の対応に協力するように要請しています。
アマゾンの森林火災は世界的な大問題に発展していると言え、世界中のメディアがその推移を見守っているところです。

 

「アマゾンは地球の肺」ローマ法王 森林火災の解決訴える
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190826/k10012048701000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

G7サミット=主要7か国首脳会議で議題となっている南米アマゾンの森林火災について、ローマ カトリック教会のフランシスコ法王は25日のミサで「この森林は地球の肺であり不可欠なものだ」と述べ、問題の解決に向けた取り組みを呼びかけました。

EU大統領 ブラジル政府にアマゾン火災の対策要求
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190825/k10012047351000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

南米アマゾンの熱帯雨林で多発する火災について国際的な懸念が強まる中、EU=ヨーロッパ連合のトゥスク大統領は、ブラジル政府が対策を取らなければEUと南米各国が基本合意した自由貿易協定を批准するのは難しいとの認識を示し、対策を急ぐよう求めました。

 

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    世界の肺とかいうのなら、肺を守るためにもっと保護政策を立てなきゃ
    新たな土地開発しなくてもやっていける環境を整えるためにプランニングして出生払いな金を貸すとかさぁ
    最近の日本みたいに用途不明のばらまきじゃなくて
    昔のいわゆるODAを主体にお互い儲かるバランスで開発協力していけば良いだろうに
    彼らには彼らなりの意欲があるんだから、それを無視してきれい事だけ言っても無理

  • 匿名 より:

    遅い、遅過ぎる。今の大統領に成ってからのアマゾン森林伐採はスピードを伴って拡大中だった。ただでさえ危惧されていたのに、この大災害の大規模多発火災を、彼は政治の思惑を絡めて発言し続けていた。非常に無責任かつ罪深い事で、その間に人も命も焼け出されまくり、この貴重な森林なしでは生きて行けない命を思いやる発言は無かった。憤りを抑え切れない蛮行で、人類の現在地が、如何に無残なところに差し掛かっているのかを、マザマザと見せつけている。今の人類と命に関わる状況は、暗澹たるものだ。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next