新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【緊迫】香港のデモ活動が中止に!雨傘運動のリーダーら逮捕で懸念!罪状は不透明、中国は逃亡犯条例の破棄を拒否


香港の情勢が緊迫化しています。
8月31日に大規模なデモ行進を計画していた民主派の団体が記者会見し、「参加者の安全が確保できない」としてデモ運動中止を表明。先日から5年前の抗議活動「雨傘運動」を主導したリーダーらが30日に相次いで警察に逮捕されており、香港内部に中国の人民解放軍が配備されたことを受けて、強制鎮圧を懸念したと見られています。

また、中国政府は香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が提案した逃亡犯条例改正案の取り下げについて、これを却下すると発表しました。この却下対応で逃亡犯条例の破棄は絶望的になったと言え、追加で中国政府は抗議参加者らのいかなる要求にも応じないよう林鄭長官に命じたと報じられています。

中国による圧力はドンドン強まっている情勢で、香港のデモ隊は非常に厳しい状況になってきました。

一方で、逮捕されたデモ隊の主力メンバーは多くの罪状が不透明なままで、不当逮捕だとして釈放を求める声が相次いでいます。

 

中国が却下、逃亡犯条例改正取り下げの香港行政長官提案-ロイター
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-08-30/PX1E486K50XV01

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官はこの夏、争点となっている「逃亡犯条例」改正案の取り下げを中国政府に提案したが、中国政府はこれを却下したと、ロイター通信が30日報じた。

香港 あすの大規模デモ中止に「安全確保できない」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190830/k10012056711000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

抗議活動が続く香港で31日、大規模なデモ行進を計画していた民主派の団体が記者会見し、「参加者の安全が確保できない」として中止することを明らかにしました。一方で、参加を予定していた人たちがどのような対応を取るのかについては予断を許さない状況が続いています。

香港 大規模デモ前に「雨傘運動」リーダーら逮捕
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190830/k10012056601000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

容疑者の身柄を中国本土にも引き渡せるようにする条例の改正案をめぐり大規模なデモが続く香港で、5年前の抗議活動「雨傘運動」を主導したリーダーらが30日相次いで警察に逮捕され、市民のさらなる反発が予想されます。

 

 

関連過去記事

人民解放軍が香港に!装甲車や兵員輸送車が続々と集結!中国政府が公開 香港では抗議デモの呼びかけ人に襲撃
https://johosokuhou.com/2019/08/30/17943/?fbclid=IwAR0DzbKw-2H3Qjp0LOX28Sd-HmphjwTfrhmQBXeDjVN5N0a6A4XbQmfri3M

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!