新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

スーパーボランティアの尾畠さん、内閣府の表彰式を欠席へ 豪雨支援を優先 防災功労者防災担当大臣表彰


スーパーボランティアとして有名な大分県日出町の尾畠春夫さん(79)が、内閣府の表彰式を欠席することが分かりました。

政府は「令和元年防災功労者防災担当大臣表彰」の受賞者の一人として、大分県日出町の尾畠春夫さん(79)を指名すると発表し、9月9日の表彰式に参加を要請したところ、尾畠さんは豪雨支援を優先するとして欠席するとコメント。
尾畠さんが欠席することを受けて、内閣府は「大分県を通じて賞状を渡したい」としており、表彰式無しでも賞状を授与するとしています。

尾畠さんは東日本大震災を始めとする大災害で積極的なボランティア活動を行い、その行動力からスーパーボランティアとして一躍有名になりました。ただ、尾畠さんのコメントを読んでみると、本人はあまり知名度や表彰に興味がない感じがあり、ネット上ではこのような姿勢を含めて尾畠さんを評価する声が相次いでいます。

 

「スーパーボランティア」尾畠さん、9日の表彰式欠席へ 佐賀大雨支援で
https://www.sankei.com/smp/life/news/190903/lif1909030035-s1.html 

内閣府は3日、「令和元年防災功労者防災担当大臣表彰」の受賞者の一人として、「スーパーボランティア」として知られる大分県日出町の尾畠春夫さん(79)を選んだと明らかにした。9日に東京で表彰式を開くが、尾畠さんは取材に対し「当日は(大雨被害が出た)佐賀県でボランティア活動をするため、出席できない」と話した。
内閣府は、車に生活用具を積み込んで東日本大震災や熊本地震などの被災地で支援活動を続け、他のボランティアの模範となったことを評価した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!