新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

香港政府の条例撤回表明、抗議運動は継続へ!香港警察の暴力追求や仲間の釈放要請も!撤回の動議可決まで睨み合い


9月4日に香港の林鄭月娥行政長官が「逃亡犯条例」の改正案を正式に撤回すると表明しましたが、その後も抗議運動は各地で続いています。

デモ隊が要求しているのは条例の撤回だけではなく、香港警察の暴力行為の追求や拘束された仲間たちの釈放などがあり、これらの条件が満たさなければ抗議運動は止めないと強調。
また、逃亡犯条例を撤回するために必要な動議の議会可決までは断定できないとして、雨傘運動のリーダーの一人だったアグネス・チョウさんは「今さら、撤回は遅すぎる。これからも残り4つの要求のため引き続き戦う」とコメントしていました。

香港の問題は根が深く、デモ運動も今年になって突然に発生したわけではありません。この10年ほどで香港当局は中国共産党との関係を強め、中国本土の指示に従って次々と市民らの自由を奪う制度を制定していました。
普通選挙の実施も依然として中途半端な状態で、複数の問題や不満が積み重なった結果、大規模な抗議デモにつながっています。

そのため、抗議運動が即座に収束するとは思えず、今後も香港の問題が長引きそうです。

 

コラム:条例改正案撤回、香港政府トップの遅すぎた「白旗」
https://jp.reuters.com/article/hongkong-breakingviews-idJPKCN1VP33O

林鄭氏は6月以降、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする逃亡本条例改正案を巡って市民の反発にさらされてきた。先週の実業家グループとの非公開会合における発言の録音記録によると、条例改正を提案したことで香港に「言い訳のできない大混乱」を起こしたと認め、選択肢があるなら辞任すると話していた。同氏はその後辞任を申し出たことを否定したものの、かえって中国政府の意のままになっているという好ましからざる実態が浮かび上がった。

香港 条例撤回発表も抗議続く 混乱の収束不透明
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190905/k10012064581000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

香港では4日、抗議活動の発端となった容疑者の身柄を中国本土にも引き渡せるようにする条例の改正案の撤回が発表されたものの、納得しない市民による抗議活動が依然として続いていて今後、混乱が収束するのかは、不透明です。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!