新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

7月の実質賃金がマイナス0.9%に!減少は7ヶ月連続、給与総額も0.3%減!賃金の減少傾向が続く 毎月勤労統計調査


厚生労働省が発表した最新の毎月勤労統計調査で、7月の実質賃金が大きく落ち込んでいる事が分かりました。

厚生労働省によると、物価の変動分を反映した実質賃金は去年の同じ月と比べて0.9%下回り、7ヶ月連続のマイナスになったとのことです。給与総額も平均37万7000円で、去年の同じ月を0.3%下回っていました。
賃金の減少傾向が鮮明になっていると言え、厚生労働省も賃金低下が続いていると認めるコメントを出しています。

毎月勤労統計調査は年明けに不正問題が発覚してから厳格な調査が行われるようになりましたが、それから実質賃金の下落傾向が止まらないです。

 

毎月勤労統計調査 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/r01/0107p/0107p.html

7月の実質賃金 7か月連続マイナス
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190906/k10012066201000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

ことし7月の給与総額の平均は速報値で37万7000円余りと、去年の同じ月を0.3%下回ったほか、物価の変動分を反映した実質賃金は7か月連続でマイナスとなりました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!