新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

森友学園問題が再燃、国会は紛糾!麻生氏は曖昧な答弁!財務省が調査指示 6日に結果報告へ


森友学園問題で財務省が国有地売却に関する決裁文書を書き換えていた疑いが浮上し、国会でも議論が紛糾しました。これは先日に朝日新聞が報道した記事から発覚した情報で、議員らに情報開示で公開した資料と本来の記録に異なる記載があったと報じられています。
公開された資料からは記録を特別扱いしている記載が削除され、普通の資料と同じような体裁になっていました。

国会では野党が自民党に質問をぶつけましたが、麻生氏は「仮定の質問には答えかねる」と反論。太田充理財局長は「来週の火曜日(6日)までにできる限りの努力をして、調査の状況を報告する」と述べ、調査待ちで目先は議論が終了した形です。

ただ、報道された情報が事実ならば、公文書偽造の可能性もあるわけで、森友学園問題は財務省全体を巻き込んだ大騒動になり兼ねないと言えるでしょう。

 

<森友文書>問題再燃、政府防戦 国会審議が中断
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000083-mai-pol

 今国会での裁量労働制の対象拡大を断念し、不安要因を摘み取ったはずの安倍政権に新たな懸案が浮上した。朝日新聞の報道をきっかけに、2日の参院予算委員会では学校法人「森友学園」問題が再燃。財務省が国有地売却に関する決裁文書を書き換えたのではないかという野党の追及に、麻生太郎副総理兼財務相らは防戦に追われた。

財務省、6日までに報告へ 森友文書の書き換え疑惑調査
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000071-asahi-soci

森友学園(大阪府)への国有地売却に関する決裁文書を財務省が書き換えていた疑いを巡り、同省は2日、調査状況を6日までに国会に報告する方針を明らかにした。太田充理財局長が2日の衆院財務金融委員会で「来週の火曜日(6日)までにできる限りの努力をして、調査の状況を報告する」と述べた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!