新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

またもや想定外、千葉の停電復旧で東電が延期発表!完全復旧は最長で今月27日に!被災者からは呆れ声も


千葉県の大停電について、「当初は数日で復旧する」としていた東電ですが、2回の延期発表を通して最終的な完全復旧の見通しは今月27日となりました。

理由は健全だと思われていた電力の迂回ルートが壊滅していたからで、迂回ルートを含めて全ての電柱や電線の復旧作業が必要不可欠となったからです。当初の想定だと迂回ルートを通して、全ての世帯の電力を復旧する見通しだっただけに、またもや想定外の被害で対応が大幅に遅れてしまったと言えるでしょう。

このような東電の延期発表に被災者や住民からは呆れ声も多く、一時的な県外脱出を検討する方も出てきています。しかも、27日の完全復旧はあくまでも見通しであり、これから悪天候が続ければ、作業はもっと長引くかもしれません。
東日本大震災でも同じようなことがあっただけに、今回の台風で東電の判断力の弱さが改めて露呈した形です。

 

千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転
https://mainichi.jp/articles/20190914/k00/00m/040/265000c

千葉県の大規模停電で、当初は数日とされた復旧は最長で今月27日までかかる見通しだ。東京電力パワーグリッドが2度にわたって見込みを修正し、被災者からは「あきれた」「県外への避難も考えないと」との声が上がっている。

停電 13万戸余で続く 天候によっては復旧作業の中断も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190915/k10012082921000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

台風15号の影響で千葉県では依然としておよそ13万1800戸で大規模な停電が続いています。千葉県では15日夜から16日にかけて局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあり、東京電力は天候によっては安全を確保するために復旧作業を中断することもあるとしています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!