新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島第一原発、東電が汚染水タンクの増設困難と発表!構内に1000基近く 「もう場所がない」

*東電
東京電力が福島第一原発の汚染水タンクについて、これ以上の増設は困難との見解を発表しました。

NHKによると、9月27日に行われる有識者会議を前に東京電力と経済産業省が原発事故の状況報告を公表し、その中で東電は「使用済み核燃料や溶け落ちた核燃料の一時保管施設や解体作業などで出る廃棄物を保管する施設など廃炉を進めるために必要な10の施設を2020年代後半までに建設する必要があり、今後敷地内に水をためるタンクを増設し続けることは難しくなる」とコメント。
タンク増設の計画を新たに作るのであれば、廃炉に関わる施設の建設予定を遅らせる必要があるとして、海への汚染水放出を検討していると明らかにしました。

海洋放出の案ではトリチウムなどを含む汚染水を基準以下に薄めるとしていますが、地元などから強い反対意見が相次いでいます。国民の世論も真っ二つに割れている状態で、今後も福島第一原発の汚染水を巡る議論は続くことになりそうです。

 

東電汚染水対策スケジュール
http://www.tepco.co.jp/decommission/information/committee/roadmap_progress/pdf/2019/d190926_06-j.pdf

福島第一原発 処理水タンク増設困難の見解 東京電力
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190926/k10012100571000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_025

福島第一原子力発電所にたまり続けるトリチウムなどを含む水の扱いをめぐり議論が続く中、東京電力は今後廃炉を進めるための複数の施設を造る必要があり、原発の敷地内に水をためるタンクを増設し続けることは難しいという見解を示しました。海などへの放出と保管、それぞれに課題があり、トリチウムなどを含む水をどうするか幅広い議論が求められます。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!