新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

香港の対立激化、今度は14歳少年が撃たれ大けが!当局のマスク禁止法に大規模な抗議運動!警察側は銃火器使用も


香港の対立が激化しています。
10月4日に香港政府はデモ参加者のマスクや覆面の着用を禁止する「覆面禁止法」を制定し、香港全土で取り締まりを強化しました。植民地時代の緊急状況規則条例(緊急条例)を発動したもので、同日午後には覆面禁止法に抗議する大規模なデモ運動が頻発。香港政府がマスクを禁止したことで、逆に抗議運動が強まった形です。

さらには警察官による拳銃発砲が相次ぎ、14歳少年が脚を撃たれて重体となりました。先日にも男子学生が警察官に撃たれて重症となったばかりで、警察の銃撃行為に香港市民の怒りもドンドン高まっています。

一方で、香港当局はデモ隊に工作員などを送り込み、デモ隊が破壊行為を繰り返していると宣伝するも、実際には香港当局の関係者だった事例が多数発生。お互いに正当性を海外にアピールする情報戦の模様になってきています。

 

香港政府、デモ参加者のマスク禁止 多数が激しい抗議
https://www.bbc.com/japanese/49932633

デモが続く香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は4日、デモ参加者のマスクや覆面の着用を禁止する「覆面禁止法」を制定したと発表した。植民地時代の緊急状況規則条例(緊急条例)を発動したもの。これに反発し、同日午後には数万人が抗議行動に参加した。

香港で14歳少年撃たれ大けが 香港メディア
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191005/k10012114051000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

香港の複数のメディアは、中国本土に近い、香港の元朗地区で日本時間の4日夜、14歳の少年が拳銃で撃たれて太ももにけがをし、病院に運ばれたと伝えました。
少年は、意識はあるということです。当時の詳しい状況はわかっていませんが、非番の警察官が拳銃を発射し、その後、大勢の市民がこの警察官を殴ったり火炎びんを投げつけたりしたと伝えています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!