新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

西日本豪雨での野村ダム緊急放流、住民説明会で怒号!「土下座しろ」「殺人ですよ」担当者「適切」


先月の西日本豪雨時に愛媛県西予市野村町の野村ダムで緊急放流作業が行われ、肱川(ひじかわ)が氾濫した問題で住民説明会が行われました。肱川の氾濫では大量の水が川から溢れ出て、野村町内で死者5人、浸水650戸などの被害が発生。

8月9日夜に市や国交省の担当者らが住民説明会を開き、黙祷を捧げた上で「操作は適切だった」「今後、検証を進めたい」などと緊急放流の正当性を主張していました。
これに対し住民側からは「言い訳をしているとしか聞こえないんですよ」「殺人ですよ」「土下座しろ」というような怒号が飛び交ったと報じられています。

住民は国交省に(被害の)全額補償を強く求めており、野村ダムの緊急放流を巡る問題は議論が長引くことになりそうです。

 

豪雨でダム放流は「適切」 市の説明に住民怒りの声
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133730.html

「人災だ」「土下座しろ」放流説明に住民ら怒り
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180811-OYT1T50064.html

 西日本豪雨の際、愛媛県西予市野村町の野村ダムで7月7日早朝に行われた緊急放流で肱川が氾濫し、野村町内で死者5人、浸水650戸を出した問題で、国土交通省野村ダム管理所と西予市が9日夜、地元の野村中体育館で初の住民説明会を開いた。住民からはダム操作や避難情報の広報などに問題があったと非難する声が相次いだ。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!