新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

野党が英語民間試験の延期法案提出を検討へ!戦後最悪の教育改革として批判殺到!導入中止のデモ運動も!


来年度からセンター試験の代わりに始まる「大学入学共通テスト」に導入される民間の英語検定試験について、野党が導入延期法案を提出する方向で調整していることが分かりました。

10月7日に野党は担当者を招いてヒアリングを行い、「会場が無い離島や遠隔地に住む学生は交通費などが自己負担になり、経済力の面で受験機会に不公平が生じる」との方向で意見がまとまったと報じられています。

この制度を巡っては10月4日に反対する抗議集会があり、大学教授や予備校講師らが方針撤回を強く求めていました。受験制度に民間のテスト会社が参入する点にも賛否両論が多く、有識者からも「戦後最悪の教育改革になる」などと批判の声が相次いでいます。
野党の延期法案に与党がどのように対応するかは分かっていませんが、世論に問題提起するキッカケとはなりそうです。

 

野党 英語民間試験の導入延期法案提出を検討
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191007/k10012116431000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

再来年から始まる「大学入学共通テスト」の制度に英語の民間試験が導入されることについて、野党側の会合で「受験生のことを考えていない制度だ」として、導入を延期する法案の提出を検討したいという意見も出されました。
再来年1月から「大学入学共通テスト」が実施されるのに伴い、英語の試験に民間事業者による検定試験が導入されることになっています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!