新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京五輪のマラソン移転、費用負担は札幌側か?IOC幹部が市長&知事と会談へ 北海道民は負担に反対多数!


2020年東京オリンピックのマラソンと徒歩競技が札幌市に移転することが正式決定となりましたが、今週後半にもIOC(国際オリンピック委員会)の関係者が札幌市を訪問して、市長や知事らと会談する方向で調整していることが分かりました。

報道記事によると、IOCは初めて公式の形で札幌市と北海道に接触する方針で、幹部を通して数百億円ともされる移転費用の一部を負担するように求める可能性があるとのことです。
東京都が移転費用を拒否したこともあり、費用負担はIOC側がメインとなる予定でしたが、それでも資金が不足する恐れがあることから北海道の負担案が浮上したと見られています。

ただ、北海道民の反応は、「活発になるから有り難い」「観光客が増えるかも」とマラソン移転を歓迎する声から、「札幌のイベントが潰れる」「費用負担は論外」などと強く反対する声まで賛否両論です。
残り9ヶ月しか無いだけに、市長や知事も難しい決断を迫れることになるかもしれません。

 

IOC幹部が知事と市長と会談へ 五輪マラソン札幌開催 移転費用の一部負担を要請か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000006-hokkaibunv-hok

 東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催決定を受け、コースの設定などが進んでいますが、IOCの関係者が今週後半にも札幌を訪れ、鈴木知事と秋元札幌市長と会談する方向で調整を進めていることが分かりました。
IOCはこれまで、北海道や札幌市と公式に接触していませんでしたが、関係者によりますと、正式決定を受け、今週後半にもIOCの幹部が札幌を訪れ、鈴木知事と秋元札幌市長と会談する方向で調整を進めているということです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!