新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

英語の民間試験導入、国会の参考人質疑で批判が相次ぐ!「2万円と数千円のテストが同じ品質とは思えない」「営利目的が前提に」


11月5日に国会の文部科学委員会で、英語の民間試験導入に関する参考人招致が行われました。
参考人として招かれたのは日本私立中学高等学校連合会の吉田晋会長、全国高等学校長協会の萩原聡会長、ベネッセコーポレーション学校の山﨑昌樹カンパニー長、京都工芸繊維大学教の羽藤由美教授です。

答弁の中で羽藤教授は「制度の実現が困難であることは複数の民間試験を利用する方針が固まった時点でほぼ見えていました。多くの研究者が問題を指摘していましたが、耳を傾けることなくここまで来てしまいました」と述べ、制度そのものに欠陥があったと指摘。

さらに続けて、民間団体に依存する方式は公平性の観点から大きな問題があるとして、「民間試験団体は営利で成り立つ事業者であることを前提としなければいけません。試験団体にとっては利潤の追求とテストの公平性には関係があります。一回2万5380円のIELTS(アイエルツ)と6820円のGTECが同じ品質のテストとは思えません。採算にあったことしか出来ないんです」と強調していました。

最後には「共通テストを丸ごと民間試験に委ねることは出来ない」との言葉を投げかけ、大学受験の共通テストを民間委託するのは反対だとしています。

ベネッセの山﨑昌樹カンパニー長からは民間委託に前向きなコメントもありましたが、公平性の担保などで具体案が無く、国民の多くも民間委託に懐疑的な意見となっていました。

 

英語民間試験 生徒の救済や制度見直し求める意見
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191105/k10012164981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

大学入学共通テストへの英語の民間試験の導入が延期されたことを受けて、衆議院文部科学委員会で学校関係者などを招いて参考人質疑が行われました。参考人からは試験に向けた学習を進めてきた生徒の救済や、制度の抜本的な見直しを求める意見が出されました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!