新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自然災害多発で火災保険料が値上げ!再来年に再びアップ、参考純率は平均4.9%増!会社によっては2倍が視野? 


相次ぐ自然災害の多発から、損害保険会社が再来年にも火災保険料を値上げする方向で調整していることが分かりました。

NHKによると、損保各社でつくる団体は保険料を設定する際の目安となる「参考純率」を引き上げることを決定し、全国平均で4.9%の見直しになるとのことです。
去年も「参考純率」は5.5%の引き上げとなっており、連続での引き上げは異例。

既に今年10月に火災保険料の引き上げがあったばかりで、地域によっては改定率が100%以上(保険料が2倍以上)となる見通しです。

火災保険料の値上げが続く背景には、災害が多発したことで保険料の支払いが増加していることがあり、去年の保険金の支払いは約1兆7000億円で過去最多と更新していました。今後も災害の増加傾向が続くと採算が取れないとして、損害保険会社も連続値上げをするしかない状況になったと言えるでしょう。

 

火災保険料 再来年にも値上げの見通し 相次ぐ自然災害で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191031/k10012157761000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_023

損害保険各社が再来年にも火災保険の保険料を値上げする見通しです。相次ぐ自然災害で保険金の支払いが増えているため保険料は今月引き上げられたばかりで家計の負担はますます重くなります。
火災や台風、大雨などの風水害による住宅や家財の被害を補償する火災保険は、大規模な自然災害が相次いだことから、去年の保険金の支払いはおよそ1兆7000億円とこれまでで最も多くなり、損害保険各社の採算が悪化しています。

火災保険2019年10月値上げ!保険料2倍超の場合も
https://www.f-l-p.co.jp/knowledge/41832

損保ジャパン日本興亜
ほとんどの都道府県・構造で値上げとなります。地域によっては、改定率が+70%を超えるケースもあり、中には100%以上(保険料が2倍以上)となるケースもあります。
契約条件によって改定率は大きく異なり、保険料が引下げとなる場合もあります。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!