ヘッドライン

麒麟地震研究所が警戒呼び掛け、観測データが収束傾向?「関東方面や伊豆大島等に大きな前兆」


NPO法人国際地震予知研究会(IAEP)に所属している麒麟地震研究所が注意喚起を行っています。

麒麟地震研究所によると、観測機のデータが急激に収束しており、関東地方や伊豆大島などの広いエリアで大きな地震の前兆を捉えたとのことです。反応が大きいことから東北地方や北海道方面の可能性もあるとして、強い地震が来るかもしれないと言及していました。

この観測データは数値が収束した後に強い地震が来ることが多く、即座に強い地震が必ず起きるわけではないです。

また、全国各地でも地震の前兆と見られる空の異常現象などを報告する声があり、当面はやや強めの地震に注意が必要かもしれません。
*各種数値を見る限りではマグニチュード6前後くらいの規模か?

 

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next