新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

桜を見る会の名簿破棄、安倍晋三首相が「予定通り」と見解!「野党の資料要求と無関係」


安倍晋三首相が桜を見る会の名簿破棄について、予定通りの作業だったとコメントしました。

12月2日の参議院本会議で野党から「桜を見る会の資料請求と同じ時期に名簿は破棄されたのは隠蔽だ」との批判を受けて、安倍首相は「予定通り廃棄したものであり、野党議員からの資料要求とは全く無関係である」と発言。
前々から桜を見る会の名簿はゴールデンウイーク期間前後に破棄する予定だったとして、野党議員の資料請求とは関係がないと強調していました。

桜を見る会の名簿破棄問題を巡っては、野党議員が資料を請求した直後に破棄が行われていたことから、情報隠蔽を狙った悪質な行為だとして批判を受けていたところです。
ただ、予定通りだったとしても、「前年度やその前から続いていたのか?」というような疑問が残り、予備の名簿データが無いことも不自然極まりないと言えるでしょう。

 

首相「名簿廃棄は野党の資料要求と無関係」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000079-kyodonews-pol

安倍晋三首相は2日の参院本会議で、「桜を見る会」の招待者名簿を廃棄した対応に関し「予定通り廃棄したものであり、野党議員からの資料要求とは全く無関係である」と述べた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!