新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【緊急】福島第一原発で水位低下、地震で格納容器が破損した恐れ!海外メディアも報道!1号機と2号機で数十センチ変動 


福島第一原発の1号機と3号機で原子炉の水位が急激に低下していることが分かりました。

東京電力によると、1号機で2月15日から、3号機で2月17日以降にそれぞれ水位の低下が確認され、1日あたりで数センチ程度の水位減少が今も続いているとのことです。

原因は2月13日夜に福島沖で発生した震度6の地震で、東電は地震の影響から東日本大震災時の破損箇所が拡大した恐れがあると分析しています。
1号機だと70センチ近くも水位が低下しており、核燃料(デブリ)を封じ込めている水が減ることで、放射性物質が大気中に放出されるリスクが上昇。

現在も福島第一原発の格納容器には大量の冷却水が注入されていますが、その注入量を超える勢いで水が減っているのは深刻だと言え、損傷箇所がこのまま拡大すると、一気に水が抜け落ちてしまうこともあるかもしれません。

 

東電資料 福島第一原発について
https://www.tepco.co.jp/decommission/information/newsrelease/reference/pdf/2021/1h/rf_20210219_1.pdf

Water leaks indicate new damage at Fukushima nuclear plant
https://apnews.com/article/earthquakes-tokyo-a7ecf765d0233b1cad7332ff9fed5ffe

機械翻訳:
東京(AP)—先週末に大地震がこの地域を襲った後、破壊された福島原子力発電所の2基の原子炉の冷却水位が低下し、さらなる被害の可能性を示している、とそのオペレーターは金曜日に述べた。
新たな損傷は、プラントのすでに困難な廃止措置プロセスをさらに複雑にする可能性があり、これには数十年かかると予想されます。
東京電力の松尾圭佑報道官は、1号機と3号機の水位低下は、土曜日のマグニチュード7.3の地震によって一次格納室への既存の損傷が悪化し、より多くの水が漏れることを示していると述べた。

1、3号機格納容器の水位低下 福島第1原発、地震の影響か
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021021901167

東京電力は19日、福島第1原発1号機と3号機で格納容器内の水位が数十センチ低下したと発表した。水位低下は1日数センチ程度のペースで続いているという。原子炉への注水や、溶け落ちた核燃料(デブリ)の冷却は維持されており、東電は外部への放射能の影響はないとしている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!