ヘッドライン

安倍首相が示唆した内閣府の巨大ネットワーク、首都圏以外にバックアップも!データ復元が出来ないは大嘘か?

*内閣府
12月2日に安倍晋三首相が国会答弁で「個々の端末でなくサーバでデータを保存するシンクライアント方式だ」と発言した件が波紋を広げていますが、内閣府のシステムを調べてみると、戦争や首都直下型地震を想定した大きなネットワークシステムの存在が見えてきました。

この巨大ネットワークシステムは単一のサーバーで動いているわけではなく、複数サーバーやコンピューターが繋がって構築された小さなインターネットとも呼べるような仕組みで、様々な非常事態を想定して設計されています。
いわゆるBCP(事業継続計画)に対応した巨大ネットワークであり、東日本大震災をキッカケにして大規模改修を得て、システムは大幅に強化されました。

安倍首相の答弁だと一つのサーバーに全部のデータを詰め込んでいるように聞こえますが、そんな単純で小さな構造とはなっていないのです。

内閣府LAN(共通システム)の調達計画書には「全ての基本システムは原則として、8号館庁舎において二重化による冗長化または負荷分散の構成とする」「東京23区に災害が発生した場合に、内閣官房、内閣府及び復興庁の業務を継続する為に、首都圏以外の場所にオンラインバックアップシステムを整備する」と書いてあり、首都圏以外の場所にもデータバックアップがあると明記されていました。

仮にこのシステムを利用して名簿データや数々の公文書を電子化保存しているのならば、100%確実にバックアップは複数あると言えるでしょう。
安倍首相の話し方から同じシステムを利用している可能性が高いと見られ、シンクライアント方式で名簿データを保管した場所が分かれば、桜を見る会だけではなく、今までのあらゆる消されば公文書や記録も見つかるかもしれません。

 

内閣府 LAN(共通システム)調達計画書
https://www.cao.go.jp/chotatsu/shosei/lan/130802keikakusho.pdf

BCP(事業継続計画)とは
https://www.chusho.meti.go.jp/bcp/contents/level_c/bcpgl_01_1.html

 BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

緊急事態は突然発生します。有効な手を打つことがきでなければ、特に中小企業は、経営基盤の脆弱なため、廃業に追い込まれるおそれがあります。また、事業を縮小し従業員を解雇しなければならない状況も考えられます†2。

緊急時に倒産や事業縮小を余儀なくされないためには、平常時からBCPを周到に準備しておき、緊急時に事業の継続・早期復旧を図ることが重要となります†3。こうした企業は、顧客の信用を維持し、市場関係者から高い評価を受けることとなり、株主にとって企業価値の維持・向上につながるのです。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    USBは穴だって、答えた大臣を任命したのは安倍晋三だよ。
    シンクライアントが何であるか、安倍晋三にはわかるはずがない。
    でも、言っちゃったし。

  • 匿名 より:

    まーた、内閣府のパソコンからサーバーまで全部取り換えるのかなw

  • 匿名 より:

    これ、野党議員やマスコミ関係者は知らなかったのだろうか?

  • 匿名 より:

    IT担当大臣の爺さんの出番だ!

  • 匿名 より:

    東朝鮮のシステムバカにすんな、皇帝様の声一声でどないにでもなるんや

  • 匿名 より:

    答弁内容を理解しないまま、滑舌悪く棒読みするだけなんだから
    安倍をAi に置き換えた方がマシじゃないかな。

  • 匿名 より:

    晋暗威安賭システム

  • 匿名 より:

    ・安倍一味というか、国会議員の多くは、おそらくコンピュータまわりのことがわかっていない。だからとんでもない答弁が飛び交う。
     
    ・「シンクライアントだって? ならばむしろ~」といっている野党議員も、どれだけが本当に理解しているのか。
     
    ・このご時世に、クラウドのシステムを全く理解していない人が総理大臣をしているという恐怖。
     
    ・もしかして答弁を書いた官僚もわかっていない? それはもっと恐怖だ。 
     
    ・もし仮に、内閣府のシステムがとんでもなく優秀で、本当に一定期間でデータが完全に削除されるものだったとしても、それならば答弁は「シンクライアント方式をとっており、かつ、データは完全に削除される仕様である」となるはずで、「シンクライアント方式だから」という言い方はおかしい。
     
    ・「サーバ」のイントネーションが気になる。

  • 匿名 より:

    ツイッターより。

    石野雅之
    @nocchi99_antifa
    IIJが全体を設計して、シンクライアント環境の構築までは自社データセンタで行い、富士通が納品したOffice365で業務環境を構築してると思います。で、Office365の全体管理者はIIJが担っていると思うので、そこに問い合わせするのが近道かもー。
    機密事項と国政調査権とどっちが強いかな?
    ( I I J = インターネットイニシアティブ。2010年から落札)

    上記のツイートを見つけました。
    でも野党議員は「シン クライアント」もあんまりピンときていなかったらしいですね(菅野完氏が、国会後の野党ヒアリングを見ながら怒っていた)。
    そこが攻めどころらしいのですが。
    桜田のオサーンに象徴されるように、与野党ともにIT関連の知識は、世間のレベルに達していないようです。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next