ヘッドライン

【闇】若者の薬物依存症、被害最多は市販薬の乱用に!40%超が違法な薬物を使用せず せき止めなどを大量摂取

 

10代の薬物依存 40%余はせき止めなど市販薬の乱用
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191129/k10012196361000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

国立精神・神経医療研究センターは、全国の入院施設がある精神科の医療機関と連携し、薬物依存患者の実態について調査を行っています。

今回まとまった調査結果によりますと、去年の時点で薬物の依存や乱用で治療を受けている10代の患者が、主にどういった薬物を使用していたかを調べたところ、せき止めやかぜ薬などの市販薬が41%と最も多かったことが分かりました。

次いで覚醒剤が15%、睡眠薬などが6%となっています。


●管理人コメント
市販のかぜ薬というのは皆が思っている以上にリスクがあり、大量摂取は体に重大な悪影響を及ぼす場合があります。そもそも、薬という物が麻薬と表裏一体の存在で、麻酔なんかがその典型例です。
病気を治すだけなら食生活を改善するだけでもかなりの効果があり、安易にかぜ薬を飲む行為が危ないと言えるでしょう。

また、若者の間で薬物依存のノウハウが広がっていることも社会問題で、日本という国の闇を感じる部分でもあります。市販薬の年齢制限や対策強化と同時に、若者が薬物依存にならないような社会作りも進めなければ、根本的な解決にはなりません。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    市販の薬に頼らないで医者に行くのが一番なんだけどね。手軽で安上がりだからって使うと危険

  • 匿名 より:

    若い子、ビンボーだから大麻とか覚せい剤とか合成麻薬とか買えなくって、咳止め薬でラリパッパなんだね (>_<)
    これも安倍のせいだ!

  • 匿名 より:

    「健康寿命トップ」常連&世界で最も健康な国ランキング1位(Bloomberg)」常連のイタリアはおばあちゃんの知恵的な民間療法が大好き。

  • 匿名 より:

    発酵食品を摂取しているとインフルエンザも寄って来ない。
    バランスのいい腸内細菌叢が最強バリア。
    除菌より菌活。
    なお、グリホサートは腸内細菌叢を破壊する模様。

  • 匿名 より:

    蜂蜜が最強かと。

  • 匿名 より:

    ほんとだ!
    「蜂蜜は鎮咳薬であるデキストロメトルファンより有効という論文報告あり」だって。
    ググったら「デキストロメトルファン」は市販のポピュラーな咳止め薬(複数)の有効成分でした。
    偽物蜂蜜も多く出回っているので、予防には本物にこだわろう。

  • 匿名 より:

    ヤマダ氏> 薬という物が麻薬と表裏一体の存在で、麻酔なんかがその典型例です。
    *これはちょっと言いすぎというか,正確にはこうでしょ。
    「薬という物が毒と表裏一体の存在で、麻酔なんかがその典型例です。」

  • 匿名 より:

    のどが痛いときは,純粋なショ糖である氷砂糖がいいですよ。
    血糖値高めの方は注意が必要だろうけど。

  • 匿名 より:

    安倍ちゃん助けて><

  • 匿名 より:

    ちょっと誤解してる人多そうなんだけど、市販薬を使う人みんなが中毒になる訳じゃないからね。ラリっちゃうのは用法守らず大量摂取する人だけだから。一回で一瓶全部飲んじゃうとかね。しかも限られた品種だけだし。普通の市販薬が危険ってイメージは全然的違いなので注意が必要。薬剤関係の知合いから聞いた話だけど。金が無いからってより、「合法」でラリる事が出来るのが大きいんじゃないかなあ。

    市販薬のメーカーは異常消費されてることに絶対気付いてると思うけど。かと言って規制しちゃうと、こういうユーザーは大麻やらシャブやらに流れて、反社の資金源になっちゃうから警察と厚労省もわざと放置してるんじゃないの?

  • 匿名 より:

    咳には蜂蜜無双、覚えておこう。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next