新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【れいわ新選組】次期衆院選に候補者131人擁立か!?376人の応募 山本太郎代表は野党に減税政策を要望するも


れいわ新選組の山本太郎代表が次期衆議院解散総選挙を見据えて、全国各地に多数の公認候補を擁立する方向で動き出しています。
山本太郎代表は12月の新宿街頭演説でも100人規模の候補者を擁立すると言及していましたが、現時点で最大131人の公認候補を擁立する可能性があるとのことです。

11月に衆院選候補者の公募を始め、12月17日時点で376人が集まったと発表されています。ただし、野党側が消費税率の引き下げを政策に盛り込んだ場合、野党と共闘が出来るとしていました。
現在の野党は立憲民主党と国民民主党、社民党を中心に合流調整が進んでおり、合流の正式決定後にれいわ新選組との関係性をどうするのか検討する流れになりそうです。

 

れいわ新選組「131人擁立も」 次期衆院選へ和戦両様
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00000039-kyodonews-pol

れいわ新選組の山本太郎代表が次期衆院選に「100~131人の公認候補を擁立する」と掲げ始めた。他の野党をけん制し、消費税率5%への減税を柱にした野党共闘を促す狙いが透ける。ただ、立憲民主党などは消費税減税に消極的なため、実際に大量擁立へ踏み切る選択肢も残す。和戦両様の構えだ。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!