新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

防衛省が新型ミサイル迎撃システムを独自開発へ 03式中距離地対空誘導弾(中SAM)を改修

*中距離迎撃ミサイル
防衛省が独自のミサイル迎撃システムを開発する方向で調整に入ったことが分かりました。

これはNHKや産経新聞が報道しており、現在のイージス艦とPAC3で行っているミサイル迎撃システムを強化するために、変速軌道への対応を目指して、三段構えとなるような独自のシステムを検討しているとのことです。
現時点だと陸上自衛隊の03式中距離地対空誘導弾を改修して、弾道ミサイル迎撃能力を付与する方向で検討を行っています。

03式中距離地対空誘導弾は空対地ミサイルや巡航ミサイルによる遠距離攻撃に対処する能力も保有していると言われ、米軍関係者からも「世界的にも有能でよく訓練された(防空)オペレーター」と評価されている優秀な地対空ミサイルです。

一方で、アメリカから輸入する予定だった地上配備型のイージスアショアは地元住民の反発で配備計画が遅れているため、今回の改修案はこちらの穴埋めも兼ねていると見られています。

 

防衛省、北の新型ミサイル対応で新迎撃システム開発へ
https://www.sankei.com/politics/news/191228/plt1912280007-n1.html

防衛省は、北朝鮮などの弾道ミサイルの脅威が高まっていることを受け、新たな迎撃ミサイルシステムを開発する検討に入った。陸上自衛隊の03式中距離地対空誘導弾(中SAM)を改修し、弾道ミサイル迎撃能力を付与する研究を来年から始める。北朝鮮が開発している変則軌道で飛来する新型ミサイルなどに対応する性能を目指す。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!