新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

政府が日産に1300億円融資と報道 日本航空の670億円融資を超える規模に!経営破たんなら国民負担へ


*日産
政府の投資銀行が日産自動車に多額の融資を行ったことが報じられました。

朝日新聞の記事によると、日本政策投資銀行(政投銀)が決めた日産への融資1800億円の内、1300億円に政府保証がついている状態で、返済が滞った場合は8割が国の税金で補填(ほてん)されるとのことです。
大企業への政府融資は極めて異例な対応で、今回の政府融資はリーマンショック直後に行われた日本航空への融資670億円を超える規模になります。

ただ、日産や政投銀は政府融資の有無についてはノーコメント状態で、政府保証を認める発言は無かったと取り上げられていました。

日産はカルロス・ゴーン氏が会長時代に経営を立て直すことに成功しましたが、その後に金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、日本からゴーン氏が居なくなった後は経営が低迷。
新型コロナウイルスの影響もあって、日産の2020年度は過去最大となる6700億円の赤字予想となっています。

この赤字予想が出た段階で日産側は「想定内」として固定費の削減などで改善するとしていましたが、その裏で政府から多額の保証融資が行われていたとすれば、話は大きく変わってくると言えるでしょう。

 

日産の融資に政府保証1300億円 異例の過去最大規模
https://www.asahi.com/articles/ASN965S65N80ULZU00D.html?iref=sptop_8_01

政府系の日本政策投資銀行(政投銀)が5月に決めた日産自動車への融資1800億円のうち、1300億円に政府保証をつけていたことがわかった。仮に返済が滞れば8割を国が実質補塡(ほてん)する。大手企業への融資に国民負担を伴う可能性がある保証をつけるのは、極めて異例な対応だ。
日産は「(政府保証は)全く承知していない」(広報)、政投銀は「個別の案件は答えられない」(広報)とコメントしている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!