新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

イランの米軍基地攻撃、兵士の犠牲者はなし トランプ大統領が今夜に声明へ イラン外相「戦争は求めず」

*トランプ大統領
1月8日朝に行われたイランのミサイル攻撃について、8日夜(日本時間)にトランプ大統領が声明を発表することが分かりました。
現在はホワイトハウスで各種情報を整理している状態だとして、情報をまとめた上で声明を出すとしています。

イランのザリフ外相は「国連憲章で自衛のための対応を行った」「エスカレートや戦争は求めていない」と述べ、現時点で戦闘行為の拡大は望んでいないと強調していました。

ただ、アメリカから何らかの攻撃や対応があった場合、更に追加で武力行使を行う用意もあるとして、今も現地では緊張状態が続いています。

一方で、攻撃を受けたイラクのアメリカ軍基地では兵士の犠牲者は確認されておらず、予想よりも被害は軽微との意見もあるところです。このまま収束に向かって交渉が進むのか、それともアメリカが報復攻撃に出て全面戦争になるのか、世界は重要な分岐点に立っていると言えるでしょう。

 

イラン 米軍に弾道ミサイル 兵士の犠牲確認されず 米メディア
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200108/k10012238401000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

アメリカ国防総省は、イランが、イラクに駐留するアメリカ軍の拠点をねらって十数発の弾道ミサイルを発射したと発表しました。
イラン側は、アメリカ軍が精鋭部隊の司令官を殺害したことへの報復だとしています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!