新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

イランから日本に連絡、「エスカレートさせるつもりはない」と言及!安倍首相は中東訪問へ 各国に対話要請

*官邸
イランがアメリカ軍基地への攻撃を行った1月8日の夜にイランから日本政府に連絡が会ったことが分かりました。

NHKの記事によると、イラン側は日本政府に「報復措置は完了した。イラン側から事態をエスカレートさせるつもりはない」と連絡し、事態の収束に向けて動いていると言及していたとのことです。

ほぼ同時期にアメリカのトランプ大統領が演説でイランへの武力報復はないと言及しており、これらの情報が安倍首相に中東訪問を決意させたと見られています。
1月8日の昼時点では安倍首相が中東訪問を延期したとの報道もありましたが、このような情報が政府に錯綜していたことから、結果的に判断が二転三転したのかもしれません。

 

安倍首相 中東訪問へ イランとの対話促す
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200110/k10012240711000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

中東地域の緊張が高まる中、安倍総理大臣は、今週末からサウジアラビアなど中東3か国を予定どおり訪問する意向で、地域の緊張緩和と情勢の安定化に向けて、関係国の首脳らに対し、イランとの対話を促すことにしています。

イランから日本に連絡「事態エスカレートさせるつもりない」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200109/k10012240581000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

イラン情勢の緊張が続く中、日本時間の8日夜、イラン政府から日本政府に対し、イラク駐留アメリカ軍へのミサイル攻撃によって報復措置は完了したとしたうえで、「事態をエスカレートさせるつもりはない」という意向が伝えられていたことが分かりました。

 


●管理人コメント
安倍首相の中東訪問は正式に中止発表があったわけではないですが、一時的に変更は検討されていたようです。
このようなイランやアメリカの情報を得て、最終的には訪問が予定通りに実施となりました。

イランが何処の国に連絡を入れたのかは分かりませんが、イラン外相の公式ツイッターでも同じようなメッセージを世界に発していたことから、日本以外の国にも送っていたと思われます。
どちらにしても、イランの外交能力は優秀だと言え、何だかんだで最悪の事態は免れたと見ることが出来そうです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!