ヘッドライン

阪神淡路大震災から25年、戦後初の都市直下型大地震!6434人が犠牲に 夜を徹して「追悼のつどい」 

*阪神淡路大震災
1月17日で阪神淡路大震災から25年となりました。

阪神淡路大震災は1995年午後5時46分に兵庫県の淡路島北部沖を震源として発生した大地震であり、戦後初の大都市直下型地震です。地震の規模を示すマグニチュード7.3で、近畿圏の広域が大きな被害を受け、震源に近い神戸市市街地は壊滅的な被害が出ました。

犠牲者の数は6434人で、この数は2011年の東日本大震災に次ぐ被害規模となっています。
25年に合わせて伊丹市の「昆陽池公園」では「追悼のつどい」が行われ、夜通しで多くの人たちが犠牲者に祈りを捧げていました。

阪神淡路大震災は直下型地震ということで驚異的な揺れを観測し、大きなビルが根本から倒れるなどの被害が続出。福井地震を契機として新設された「震度7」が適用された初めての事例となり、この震災の翌年から震度7の速報体制が見直しとなりました。

現在の地震対策の基礎にもなった大震災だと言え、阪神淡路大震災の教訓は着実に受け継がれています。
そして、これからも阪神淡路大震災を忘れず、油断すること無く、地震への備えを日々強化しておくことが大切だと言えるでしょう。

犠牲となられた方々へのご冥福をお祈り申し上げます。

 

阪神大震災25年 戦後初の大都市直下型地震 記憶と教訓、継承へ模索
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00000059-mai-soci

 6434人が亡くなった阪神大震災の発生から17日で25年となる。戦後初の大都市直下型地震は、防災対策や被災者支援、復興計画のあり方など数々の課題を浮き彫りにする一方、全国からボランティアが集まり「ボランティア元年」という言葉も生まれた。被災地では現在、復興事業が終わろうとしているが、災害公営住宅(復興住宅)に入居する高齢者の孤立化など課題も多く残る。全国で災害が頻発する中、「阪神」の記憶と教訓を継承しようと模索が続く。

阪神・淡路大震災からあすで25年 夜を徹し「追悼のつどい」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200116/k10012248311000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

阪神・淡路大震災から17日で25年になるのを前に、兵庫県伊丹市の公園では、震災で亡くなった人の人数と同じ6434本のろうそくを、夜を徹してともし続ける「追悼のつどい」が行われています。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    「あちこちから煙が上がってます。まるで温泉のようです」という故・筑紫哲也の実況から25年ですか。早いものですね。
    阪神高速道路の橋が折れて横たわった映像にショックを受けたものです。まだ「D-MAT」という概念が出来ていなかったと思います。
    そんなこんな、ふと思った次第。

  • 匿名 より:

    生き埋めになった人にマイクを向けてたのは、どの局だっけ?

  • 匿名 より:

    淡路島の北淡震災記念公園にある野島断層保存館は、阪神大震災で最も被害の大きかった地点をそっくり記念館として保存してある。震災で露呈した野島断層、震災で「ブチ切れた」コンクリート塀などがそのまま保存されている。幸運にも被災しなかった人でも、そのエネルギーの凄まじさが体験できる。

  • ぞーさん より:

    25年、忘れられない記憶

  • 匿名 より:

    翌週月曜日のパペポTVの締めに上岡龍太郎が放った「所詮テレビは芸能なんですよ」に納得。

  • 匿名 より:

    私はこの震災の際、神戸市に住んでおり震度7の激震を体験した者です。
    個人的見解としては当地震は人災なのではと感じております。

    つまり、
    当地震は、石に「くさび」を打ち込むと割れる現象の大型版だと考えます。

    当地震における「くさび」は
    明石海峡大橋の切削工事及びその結果設置した巨大橋脚ケーソンです。

    そして、
    当地震の震源地付近では昔にも大きな地震発生の記録があります。

    つまり、
    古傷に「くさび」を打ち込んだ事象であると考えております。

    そして、
    その様に感じた背景は以下の通りです。
    私は神戸在住前には明石の実家に住んでおり、
    明石大橋工事の期間には再三小さな地震の発生を体験しておりました。

    そしてなんと、、
    震災直後に実家に避難した際の余震の揺れが
    工事期間に背中(の桜吹雪)で感じた揺れと全く同じだったのです。
    つまり、
    工事期間から既に岩盤破壊が始まっていたという事です。

    ただ、
    私自身は幸いにもこの様に生き延びられましたので、
    当地震が上記の様な人災であったとしても、
    もはやそれにに対しとやかく言うつもりはありません。

    ただ、
    これが事実であったとしたら、
    今後は「切削」という行為に対しては十分な注意を払ってもらいたい
    という事を切に願うばかりでございます・・・

  • 匿名 より:

    匿名
    2020年1月17日 12:49 PM

    ぜひその珍説を今日の追悼集会で遺族の前で声高に述べてきてください。どういう反応がくるでしょうか。

  • 匿名 より:

    偽善マスメディア様。

    また明日から嘘とバカな国民洗脳、誘導報道、番組が始まります。

    東北震災は未だに、、ですか。

  • 匿名 より:

    関西在住ですが、毎年この時期になると思い出す。
    神戸の友人達は、語るにしても口数が急に減ります。
    普段は皆お喋り好きなのに。
    未だに辛い体験に、深く傷ついています。
    地震に備えるのは大事と分かっていても、被災した時を思い出すから準備できない人も中にはいるんです。
    災害に遭った後の心の持ち方も、今のうちに学ぶ必要があると思います。
    多くの犠牲者の方々に黙祷を捧げて、教訓を振り返って考える日になりました。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next