新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

フィリピンのタール火山大噴火、大量の火山灰で被害甚大に!畑は灰まみれで壊滅 火山灰の重さで屋根崩壊も


1月12日にフィリピンの首都マニラ近郊で発生したタール火山の噴火ですが、地元住民が受けた被害は甚大となっています。

大量の火山灰で畑は一面灰色となり、フィリピンの主だった果物や野菜は壊滅。あまりにも大量の火山灰が降り注いだ影響で屋根が壊れる施設や住宅が多発し、現在も被害報告が拡大しています。

タール火山の活動はピーク時よりも弱まりましたが、依然として小規模な火山性地震が見られ、火山灰の放出も続いているところです。商店街からはマスクや火山灰対策の用品が消え、各地で物不足が発生しています。

フィリピン政府は非常事態宣言を発令し、更に大きな噴火が発生する恐れがあるとして、地元住民らに避難を呼び掛けていますが、貧困層も多く居ることから、避難が思うように進んでいないのが現状です。
これで新たな大噴火があるとフィリピンの首都圏は壊滅状態になる可能性もあり、今もフィリピン当局の警戒態勢が続いています。

タール火山周囲の様子

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!