新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【速報】新型肺炎の疑いで横浜港に停泊中のクルーズ船、症状がない人は下船して帰宅へ 乗客ら約3500人


大型クルーズ船のダイヤモンド・プリンセス号に乗船した男性から新型コロナウイルスを確認されたことを受けて、政府は乗客乗員ら約3500人の検疫を開始しました。

この検疫は横浜港・大黒ふ頭沖に船を着岸させないままで行われ、体調不良を訴えている人が数人ほど居ると発表されています。

報道ステーションによると、特に症状が見られない人は検疫を受けた後に帰宅させるとしており、長期間の隔離対応はしない方向で検討しているとのことです。検疫の結果は2月4日夕方頃に出揃う予定で、その時期に合わせて下船することになっています。

新型コロナウイルスでは自覚症状が全く無い潜伏患者も多く、簡単な検疫だけで全員を下船させる日本政府の対応に国民からは反発の声が殺到。あまりにもずさんな対応だとして、少なくとも諸外国と同じように2週間は船で隔離するべきだと指摘する意見が相次いでいました。

 

新型肺炎患者がいたクルーズ船 横浜港に着岸せず再検疫
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00000044-asahi-soci

 香港政府は1日深夜、横浜から大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号に乗って香港に帰国した男性(80)から新型コロナウイルスによる肺炎が確認されたと発表した。船は3日夜、横浜市鶴見区の横浜港・大黒ふ頭沖に到着し、着岸しないまま停泊。厚生労働省は同日夜、船内で乗客乗員約3500人の検疫を始めた。発熱などの症状がある人がいるという。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!