新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【地震情報】茨城県沖でM5.6、首都圏の広範囲で揺れを観測!昨年末から茨城で地震が増加?不気味な動きも


2月6日20時20分頃に茨城県沖でマグニチュード5.6の強い地震を観測しました。震源の深さは約40キロで、震源地が陸地から離れていたことで揺れも比較的小さな数字となっています。

ただ、昨年末から茨城県の地震は増加傾向が見られ、マグニチュード5前後の地震がずっと続いている印象が強いです。

茨城県沖と言えば、東日本大震災の割れ残り地盤がある場所でもあり、NHKの地震特集番組「メガクエイク」では膨大な歪が地下に蓄積されているとして、専門家が警鐘を鳴らしていました。

実際に高感度地震観測網の地震履歴を見てみると、茨城沖の周囲では地震マークで覆い隠されてしまうほどの無数の地震が発生しています。

茨城県周囲の地震履歴 過去30日間

都市部から離れた地震は震度1以下の無感地震としてカウントされていますが、それを含めると毎日のように揺れていることが分かると言えるでしょう。
地震の規模によっては首都直下型地震となる可能性もあり、茨城周囲の地震活動には引き続き注意したいところです。

 

地震情報
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/

発生時刻 2020年2月6日 20時20分ごろ
震源地 茨城県沖
最大震度 2
マグニチュード 5.6
深さ 40km
緯度/経度 北緯36.4度/東経141.6度
情報 この地震による津波の心配はありません。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!