新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

クルーズ船の全員検査、現状では困難と日本政府 日本に3000人分の検査能力無し?隔離は19日に終了へ

*菅官房長官
横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」について、菅官房長官が全員検査は困難との見解を示しました。

2月10日の記者会見で菅官房長官は記者の質問に答える形で、「(乗員乗客の検査は)現状では厳しいものがある」と述べ、全員検査は厳しいとコメント。医療体制的に今の速度で検査を続けるしか無いとしていました。

クルーズ船の感染拡大から3700人全員の検査を求める声が高まっていますが、菅官房長官の発言的に、そもそも日本には3000人分の検査をまとめてやるほどの医療体制が無いように感じられたところです。

一方で、WHO(世界保健機関)は予定通りにクルーズ船の隔離期間は2月19日に終了する予定だと言及しました。クルーズ船の隔離期間は14日間となっているため、この期限を超えれば強化するとしています。
ただ、これに関しても中国の方で「最大24日間の潜伏期間がある」との論文が発表され、色々と物議を醸していました。

 

全員検査「現状では厳しい」と菅氏
https://this.kiji.is/599506812735800417

菅義偉官房長官は10日の記者会見で、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員全員に対するウイルス検査について「現状では厳しいものがある」と述べた。

WHO、横浜のクルーズ船「19日には隔離終了」と見解
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3901110.html

WHO=世界保健機関は、新型コロナウイルスの集団感染が起き横浜港に停泊している大型クルーズ船の乗客の隔離期間について、感染者と濃厚接触した人以外は今月19日に終了するとの見通しを示しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!