新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

京都の新型コロナ感染者、当初は「国の基準と異なる」として検査を拒否していた!医師の要望で変更⇒陽性反応

*京都市役所
先日に京都で感染が確認された新型コロナウイルスの感染者について、当初は京都市側が「国の基準と異なる」として検査を拒否していたことが分かりました。

モーニングの報道によると、医師側の強い要望で京都市が独自の解釈で特例の検査を認めた形となり、その検査によって陽性反応が出たとのことです。国の基準だと発熱やせきなどの症状が無ければ、新型コロナウイルスの検査対象にはならず、全国各地で新型コロナウイルスの感染が疑われている人の検査が出来ていないと報じられていました。

京都のパターンだと、京都市が医師の要望を受けて方針転換したことで、何とか感染者を見つけることが出来たと言えるでしょう。

番組の中で専門家の岡田晴恵教授は「医師の判断で新型コロナウイルスの検査が行えるように変えるべき。現在の湖北省縛りの体制では感染が見えないまま拡大する」とコメントしており、国の基準や検査体制を今すぐに変える必要があると言及していました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!