新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

インフルエンザの感染者が世界で過去最低に!コロナ対策で激減、感染力はコロナが上と証明 冬に備えて警戒も


*東京都
新型コロナウイルス対策の影響で世界中のインフルエンザの感染者数が激減しています。

南アフリカでは36年ぶりに今年のインフルエンザ流行が無しとなり、コロナ対策のお陰でインフルエンザの感染者が減ったと発表。
中国でもインフルエンザと合わせて、おたふく風邪やはしかなどの感染症が激減し、明らかに今年は感染症が全般的に減っているとまとめていました。

ロイター通信によると、韓国だと週報で感染者数は前年比83%の大幅減、カナダやイギリス、オーストラリアなどの各国もほぼ同じ傾向で、様々な感染症が一気に激減したのは過去に例がないとのことです。

逆に言えば、新型コロナウイルスの感染力がインフルエンザや他の感染症よりも高いことを証明してしまった形で、ここまでやって封じ込めが厳しいとすれば、それ以上の対策は現実的に困難だと見られています。

ネット上だと一部の陰謀論者たちが「インフルエンザの患者が誤診でコロナになっているだけだ!」などと主張していますが、インフルエンザ以外の全ての感染症で同じ減少傾向が続いていることからその可能性は極めて低いです。
それ以前に検査キットの精度は世界中の医療機関や政府、研究所が事前に試験運用を何度もしているわけで、現実逃避のために一部のデータだけを持ってきて、都合の良い解釈をして、新型コロナウイルスから目をそらし続けるのは止めるべきだと言えるでしょう。

 

季節性インフル感染者が世界各地で過去最低、コロナ対策の影響
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-influenza-idJPKBN24Z0FA

[北京 31日 ロイター] – 新型コロナウイルス感染拡大を抑制するために世界的に導入されたソーシャル・ディスタンシング措置によって季節性インフルエンザの感染率が過去最低に抑えられていることが、各国の統計で明らかになった。
他国に先立ち広範な行動制限を導入した中国では、おたふく風邪、はしか、一部の性感染症の新規感染者が大きく減少しており、インフルエンザの感染例が最も大幅に減った。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!