新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルス、条件付きで「空気中に浮遊」と日本感染症学会 通常のマスクでは防げず・・・


日本感染症学会と日本環境感染学会は一定の条件下で、新型コロナウイルスが空気中に浮遊する可能性があるとの見解を発表しました。

学会はこれまでの情報をまとめた結果、閉鎖空間だとごく短時間空気中に浮遊し、空気感染と同じような形で他人に感染する場合があると言及。ウイルスが空気中に浮遊すると市販のマスクでは防ぐことが難しく、部屋を換気することで感染リスクを下げることが出来るとしています。

既に中国の方だと3週間ほど前から指摘されていましたが、空気感染に近いタイプのエアロゾル感染とほぼ同じです。

日本の調査機関でもその可能性が具体的に言及されたのは大きな前進だと言え、室内では空気感染もする恐れがあるとして、新型コロナウイルス対策は考えたほうが良いかもしれません。

 

新型コロナウイルス感染症
http://www.kansensho.or.jp/modules/topics/index.php?content_id=31

新型コロナウイルス、閉鎖空間でごく短時間浮遊の可能性 学会
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO56122330X20C20A2CC1000?s=1

日本感染症学会と日本環境感染学会は、新型コロナウイルスが閉鎖空間でごく短時間空気中に浮遊し、他者に感染する可能性があるとの見解をまとめた。通常のマスクで防げないが、換気でリスクを下げられるという。長時間にわたってウイルスが浮遊し続ける空気感染は否定した。
新型ウイルスは、せきやくしゃみでウイルスが直接口などに入る飛沫感染、せきなどで飛び散ったウイルスが手などを介して体内に入る接触感染が起きるとされていた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!