新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

栃木県茂木町が臨時休校を撤回!児童クラブなどの受け入れ拡大で方針転換 町内感染なら即日休校へ

栃木県茂木町が臨時休校の方針を変更し、春休みまで通常授業を実施すると発表しました。

茂木町の公式ホームページによると、当初は3月10日から全小中学校で臨時休業を予定していましたが、保育園や幼稚園が通常通りに運営されている上に、臨時休校後の対応先となる放課後児童クラブ(学童児童)が受け入れ限界となる恐れがあるとして、健康や安全面から学校で過ごすのが最適だと判断したとのことです。
卒業式なども実施する方向で調整中で、詳細は後日に告知するとしていました。

この決定についてネット上の反応は賛否両論となっており、茂木町の決定に賛同する声から、学校での感染拡大を懸念する意見まで様々な声が飛び交っています。

 

新型コロナウィルスの感染症に関する学校の対応について
https://www.town.motegi.tochigi.jp/motegi/nextpage.php?cd=5713&syurui=2

国から要請のあった小中学校の臨時休業措置について、本町では全小中学校3月10日(火)から3月24日(火)まで臨時休業を予定しておりましたが、

〇小さな子どもたちに感染のリスクが高いと言われる中、保育園・幼稚園が通常通り運営されていること

〇臨時休業となった場合、保護者の仕事の関係等で家庭によっては子どもたちだけで過ごさなければならない状況が発生しうること

〇通常授業が実施されれば、安全に配慮した形で子ども達へ給食(昼食)を提供することができること

これらのことなどから、児童生徒の精神衛生上、また、健康・安全を確保するうえでも学校で過ごすことが最適であると判断し、臨時休業を取り止め、小中学校とも通常どおり授業を実施することとしました。

栃木県茂木町、臨時休校取りやめ 逆に感染懸念、通常授業へ
https://this.kiji.is/607766118973867105?c=39550187727945729 

栃木県茂木町は4日までに、町立小中学校5校で10日から実施予定だった臨時休校を取りやめ、春休みまで通常授業とすることを決めた。臨時休校で放課後児童クラブ(学童保育)の受け入れ人数が増えれば、子どもの密度が高くなり逆に感染が懸念されるとして、休校方針を再検討。各校長やPTA会長の意見を聞き、通常授業の方が良いと判断したという。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!