新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

政府の現金給付案、一世帯20万円で調整へ 条件付きで自己申告制 一律支給ではないことに懸念の声が相次ぐ

*官邸
新型コロナウイルスの緊急経済対策として検討されている現金給付ですが、政府与党は一世帯あたり20万円を支給する方向で調整していることが分かりました。

読売新聞の記事によると、公明党からは1人10万円の案が提出されていましたが、政権側は世帯間で不公平が生じる恐れがあるとして、世帯単位の自己申告制で調整作業を進めているとのことです。
現金給付の対象となる世帯は新型コロナウイルスの影響で所得が減少した世帯となっており、政府は証明書類の添付や不正申請に罰則を設ける案も検討していると報じられています。

一方で、与党幹部からは「虚偽申告が相次ぐのではないか」というようなコメントも見られ、自己申告制に警戒感を締めしていました。

この報道について国民の反応は、

「自己申告制って役所に並ぶの?逆に感染者が増えたらどうすんの」
「年度を跨いでコレを緊急対策と題する安倍政権は凄い」
「公文書改ざんしてきた政権が何言ってんだよ」
「他国は一律給付金出てる」
「自己申告だと手間暇が掛かる」
「一律のほうが早いし、コストも安い」
「無職や生活保護が対象外になる」

などと批判意見が大半となっています。
政府は一律現金給付を強く拒んでいるようで、何が何でも条件付きの給付金制度にしたいみたいです。

 

【独自】コロナで所得減、世帯あたり現金20万円給付…自己申告制で政府調整
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200403-OYT1T50023/

政府は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で所得の減った世帯などを対象とする現金給付について、1世帯あたり20万円とする方向で調整に入った。給付を望む人から所得の金額や減少幅の申請を受けて給付する「自己申告制」とすることを検討している。

マスク2枚配布「不安払拭のはずが、逆効果」 政府関係者「これが今できる限度だ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-00010015-abema-soci

 安倍晋三総理大臣が1日、全国5000世帯のすべてを対象に1住所あたり2枚ずつ布マスクを配布することを表明。洗濯して繰り返し使える布マスクを日本郵政の全住所配布のシステムを利用して再来週以降、配布する見通しであることを明かした。心配される費用やその効果の問題について菅官房長官は1枚200円程度になると説明しているが、この対応についてネットでは「マスク2枚でごまかすな」など波紋が広がっている。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!