新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍首相「責任を取ればいいというものではありません」「イタリアとは違う」⇒イタリア人から失礼だと批判!

4月7日に安倍首相が行った記者会見が大炎上しています。

問題となっているのはイタリア人記者が安倍首相の責任を追及した場面です。
イタリア人記者の男性は安倍首相に「私には一か八かの賭けが見られます。(緊急事態宣言が)失敗だったらどういうふうに責任をとりますか?」と質問したところ、安倍首相は「私たちが責任を取れば良いという物ではありません」「他の国と対策が違うのではないかということでありますが、例えばお国(イタリア)と比べても感染者の数も死者の数も桁が違う」と反論。

イタリアと比べて日本の感染者数は遥かに少ないとして、日本の対策はこの路線で問題はないとの認識を示していました。

一連のやり取りはイタリアでも報道され、イタリア人からは「失礼だ」「この言い方はどうなのか」などと批判の声が噴出しています。イタリア出身で通訳を行っているマッシさんも「イタリアに対して失礼な言い方じゃないか?」とコメントし、安倍首相の発言に疑問を投げ掛けていました。

日本国内だと安倍首相の責任放棄発言として物議を醸していますが、それ以上にイタリアの状況を軽んじるような発言の方が色々な意味で大問題だと言えるでしょう。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!