新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

3月の工作機械受注額が40.8%減、リーマンショック以来の大幅マイナスに!「国内外共に大打撃」


2020年3月の工作機械受注額がリーマンショック以来の大幅なマイナスとなりました。

日本工作機械工業会によると、3月の工作機械受注額は国内全体が773億円で、前年度比だと40.8%の大幅なマイナスを記録したとのことです。内需が342億円で36.5%の減少、外需(海外)は431億円で43.8%減少となっています。

新型コロナウイルスの影響で中国やアメリカを中心に受注額が大幅に減っており、新型コロナウイルス騒動が収まるまではこの傾向が続くことになる可能性が高いです。
他の経済指標も軒並みマイナスが並んでいる状態で、感染者数が減らなければ、世界経済も深刻な打撃を受け続けることになるでしょう。
*日本は昨年10月の消費増税からマイナス傾向が続いている

 

2020年3月分 受注速報
https://www.jmtba.or.jp/wp-content/uploads/sokuhou2003vgfrn.pdf

3月の工作機械受注額 大幅減 企業の設備投資鈍る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200409/k10012378081000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で企業の設備投資が鈍り、国内の工作機械メーカーの先月の受注額は去年の同じ月と比べ40%もの大幅な減少となりました。
日本工作機械工業会の発表によりますと、国内メーカーの先月の工作機械の受注額は速報値で773億円となりました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!