新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

感染者した保育士に「知らせず続けて」、横浜市の指示が問題に!保育所が独自に通達して警告

*横浜市
横浜市の対応が問題となっています。

問題視されているのは横浜市が市内の私立認可保育所に勤務している女性保育士の感染が発覚した時の対応です。

朝日新聞によると、この感染報告を受けて保育所は休業を要請するも、横浜市が通常通りの運営を強く要請。保育士の行動調査などが終わるまでは混乱を避けるために、感染者の発生を保護者には知らせないように求めました。

このような要請を受け取った保育所側は一時的に了承しましたが、最終的には4月9日付で感染者の発生を伝えるメールを保護者に送信し、通所の判断を保護者に委ねたと報じられています。
保育所の対応で子供を預かることは無かったようですが、一歩間違っていれば、子供や保護者を巻き込んだ大規模な感染を引き起こしていた可能性があると言えるでしょう。

この報告はネット上でも問題視され、2ちゃんねるの創設者であるひろゆき氏は「横浜市役所、頭おかしい」とコメントし、脳科学者の茂木健一郎氏も「こういう隠蔽をしても、結果として誰も幸福にならない」と疑問の声を投げ掛けていました。

行政によっては混乱や経済活動停止を恐れて、今回みたいな隠蔽行為に走っている場所もあるようで、新型コロナウイルスに感染しないためにも、自治体の動きにも細心の注意が必要になりそうです。

 

保育士の感染「保護者に知らせず続けて」 横浜市が指示
https://www.asahi.com/articles/ASN4H01J1N4GULOB00X.html

横浜市内の私立の認可保育所で保育士の新型コロナウイルス感染が判明した際、市が保護者にはすぐに知らせないよう保育所側に求め、保育を続けるよう指示していたことがわかった。地元の私立保育所でつくる団体が「情報操作だ」などと市を厳しく批判する事態となっている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!