新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【恐慌】リーマンショックの30倍、世界成長率がマイナス3.0%に!IMF見通しに衝撃 日本ではマイナス5.2%予想


IMF(国際通貨基金)が発表した2020年の経済成長率が世界に衝撃を与えました。

IMFは最新の報告書の中で、「新型コロナウイルスの感染拡大から世界中の経済活動に深刻な影響が出ている」として、2020年の経済成長率の見通しはマイナス3.0%になると発表。昨年の予想だと2020年はプラス3.3%でしたが、そこから6.3ポイントも引き下げとなりました。

リーマンショック直後がマイナス0.1%だったので、それと比較すると30倍のマイナス幅です。
特に先進国への影響が甚大だとして、アメリカがマイナス5.9%、EU(ヨーロッパ連合)でマイナス7.5%、ロシアでマイナス5.5%、日本はマイナス5.2%と凄まじい数字が並んでいました。

ただし、新型コロナウイルスが年内に収束すれば、2021年は大幅なプラス成長が見込めるとしていますが、現時点でそれも楽観的な予想だと言えるでしょう。
世界経済はこれから事実上の世界恐慌に突入することになると見られ、第二次世界大戦以来の激動の時代となりそうです。

↓IMFの2020年経済予想

 

World Economic Outlook, April 2020: Chapter 1
https://www.imf.org/en/Publications/WEO/Issues/2020/04/14/weo-april-2020

The COVID-19 pandemic is inflicting high and rising human costs worldwide, and the necessary protection measures are severely impacting economic activity. As a result of the pandemic, the global economy is projected to contract sharply by –3 percent in 2020, much worse than during the 2008–09 financial crisis. In a baseline scenario–which assumes that the pandemic fades in the second half of 2020 and containment efforts can be gradually unwound—the global economy is projected to grow by 5.8 percent in 2021 as economic activity normalizes, helped by policy support. The risks for even more severe outcomes, however, are substantial. Effective policies are essential to forestall the possibility of worse outcomes, and the necessary measures to reduce contagion and protect lives are an important investment in long-term human and economic health. Because the economic fallout is acute in specific sectors, policymakers will need to implement substantial targeted fiscal, monetary, and financial market measures to support affected households and businesses domestically. And internationally, strong multilateral cooperation is essential to overcome the effects of the pandemic, including to help financially constrained countries facing twin health and funding shocks, and for channeling aid to countries with weak health care systems.

COVID-19パンデミックは世界中で人件費の高騰を引き起こしており、必要な保護対策は経済活動に深刻な影響を与えています。パンデミックの結果として、世界経済は2020年に-3%と急激に縮小すると予測されており、2008年から2009年の金融危機よりもはるかに悪化しています。 2020年後半にパンデミックが衰退し、封じ込めへの取り組みが徐々に弱まると想定しているベースラインシナリオでは、経済活動が正常化し、政策支援のおかげで、世界経済は2021年に5.8%成長すると予測されています。
ただし、さらに深刻な結果をもたらすリスクはかなりあります。悪い結果の可能性を未然に防ぐには効果的な政策が不可欠であり、伝染を減らし生活を守るために必要な対策は、長期的な人間と経済の健康への重要な投資です。特定のセクターでの経済的影響は深刻であるため、政策立案者は、影響を受ける家計や事業を国内で支援するために、対象を絞った財政、金融、金融市場への実質的な対策を実施する必要があります。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!