新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

クラスター対策班の西浦博教授ら「最悪40万人以上が死亡する恐れ」「重篤患者が85万人の想定も」

*厚生労働省
厚生労働省のクラスター対策班で活動をしている北海道大学の西浦博教授らが、新型コロナウイルスの感染が拡大した場合の想定値を発表しました。

4月15日の記者会見で西浦教授は「何も対策を取らないと国内の15位以上の重篤な患者数は85万人に上り、そのうちの40万人前後が死亡する恐れがある」と述べ、最悪のケースだと死傷者が多発することになると言及。
重篤な患者が一定数以上に増えてしまうと人工呼吸器や医療器具が不足し、死亡者数の増加に拍車が掛かるとして、今から国民一人ひとりが接触を避け、新型コロナウイルスの感染を防ぐことが重要だと強調していました。

西浦教授は8割の接触減少を強く訴えている方でもあり、ネット上では8割おじさんなどと言われていますが、ここまで強い言葉で警告を促すのは異例です。それだけかなり切迫している事を示していると言え、日常生活においても2メートル範囲内での長話や対面での食事を避けるように求めていました。

 

“対策なければ最悪40万人以上が死亡” 厚労省専門家チーム
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200415/k10012387961000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

新型コロナウイルスの感染について厚生労働省の専門家チームが国内で防止対策が何も取られなかった場合の推計を示し、最悪の場合、およそ40万人以上が死亡すると発表しました。専門家は「感染拡大の防止には人との接触を減らすことが有効だ。外出を極力控えてほしい」と呼びかけています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!