新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

菅官房長官、アベノマスクは継続と言及!「より安く早く調達をすることに努めた結果、90億円に収まる」

*官邸
政府が配布を行っているマスクから不良品が多発している問題について、菅官房長官がコメントを出しました。

菅官房長官は記者会見で、「マスクの配布は国民の不安解消の政策だ」「必要な対応であり、代替できる手段はない」と述べ、マスクの配布は今後も継続すると表明。
マスクの不良品問題は検品作業を強化することで対応するとして、引き続きマスクの配布は準備が出来た物から順番に行うとしています。

その上で、マスクの調達費用は積算よりも低い90億円程度に収まると強調し、より安く早く調達をすることに努めた結果だと成果を示していました。当初は400億円程度と見積もられていましたが、それから大幅に調達費用が減った形です。

アベノマスクを巡っては「サイズが合わない」「洗うと縮む」「そもそもウイルスを防げない」というような声が相次ぎ、不良品以前に使い難いとして問題視されていました。
マスクの供給も徐々に回復しているわけで、このままアベノマスクを使う必要性があるのか疑問だと言えるでしょう。

 

菅氏「安く早く調達すること努めた」 布マスク回収うけ
https://www.asahi.com/articles/ASN4S4V02N4SUTFK00B.html

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために政府が全世帯に配布する布マスクをめぐり、納品した興和と伊藤忠商事が未配布分を回収すると発表したことについて、菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で「(配布が)予定より遅れるのは事実だ」と述べた。一方で「なるべく早く配布できるよう取り組んでいきたい」と語り、配布自体は見直さない考えを示した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!