新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

コロナで失職した男性、スーパーで野菜や麺類を盗んで逮捕 「仕事が無くて腹が減っていた」


新型コロナウイルスで失業した男性が食品を盗んだとして逮捕されたニュースが注目を集めています。

このニュースはNHKが報道したもので、4月23日午前2時頃に60代の男性が東京の豊島区にあるスーパーマーケットに侵入し、その場で防犯センサーが反応して、駆け付けた警察官に逮捕されたとのことです。
逮捕された男性は「新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなり、腹が減っていた」と供述しており、即席麺や野菜など20点ほど持っていたと報じられています。

しばらく前にも金欠で牛丼を無銭飲食した男性が逮捕されたばかりで、同じような事件が起きたことにネット上でも話題となっているところです。
特に政府の現金給付や休業補償があまりにも遅すぎるとして、政府に批判の矛先が強く向かっていました。

新型コロナウイルスの影響で会社員をリストラしたり、会社そのものが倒産する事例が増えていることから、今後も同種の事件が増えることになりそうです。

 

「コロナで失職し腹減って…」カップ麺など盗んだ疑い 男逮捕
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200425/k10012405361000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

東京・豊島区にある閉店後のスーパーマーケットに侵入し、カップ入り即席麺や野菜などを盗んだとして、60代の男が警視庁に逮捕されました。調べに対し「新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなり、腹が減っていた」と供述しているということです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!