新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

「政府から『医療崩壊』と書くなと要請された」、コロナ問題で報道機関に圧力か メディア制限で検証も困難と


政府がマスメディアの新型コロナウイルス報道に強い圧力を掛けていることが分かりました。
これは日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)が行った調査アンケートから判明した情報で、報道関係者を対象にして「報道の危機」に関するアンケートを実施したところ、多数の人から「局の発信に報道が流されている」というような証言があったとのことです。

具体的には記者の勉強会で政府側が「医療崩壊と書かないでほしい」要請したり、コロナウイルスを理由にして記者会見の出入りが制限されているなどの問題が多発。自主規制や政府要請の名の下で医療現場の最前線すら報道がやり難い状態になっているようで、マスコミ関係者からは「他国では報道されている最前線さえ、日本では報道されていないことに危機感を覚える」との声が相次いでいました。

新型コロナウイルスの騒動後に日本政府はメディアへの締め付けを強めている傾向が見られ、当局以外の情報はあまり扱わなくなっており、メディアの独立性そのものが揺らぎ出しています。

 

報道関係者への「報道の危機」アンケート結果(概要)について
http://www.union-net.or.jp/mic/pdf/2020_04_21PressRelease%E5%A0%B1%E9%81%93%E9%96%A2%E4%BF%82%E8%80%85%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%AE%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E3%80%8D%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88.pdf

新型コロナウイルス関連
●布マスクはウィルスを防げないのに、「手作りマスク 500 枚を寄付」みたいな記事を紙面に載せる。(全
国紙の新聞社社員)
●記者勉強会で政府側から「医療崩壊と書かないでほしい」という要請が行われている。医療現場から
様々な悲鳴が聞こえてきているので、報道が止まるところまではいっていないが、「感染防止」を理由に対
面取材も難しくなっており、当局の発信に報道が流されていく恐れがある。(新聞社・通信社社員)
●コロナウイルスの報じ方について危うさを感じている。医療崩壊という言葉についても、政府や自治体
の長が、ギリギリ持ちこたえていると表現すると、それをそのまま検証もせずに垂れ流してしまっている。
実際の現場の声よりも、政治家の声を優先して伝えてしまっていることに危機感を持っている。お上のお
墨付きがないと、今がどういう状態なのか、判断できない。(全国紙の新聞社社員)
●コロナとの関連で会見がかなり制限され、入ることさえできなくなったものもある。不都合な質問を受け
て、できるだけ答えを出したくないという意図も感じる。(ブロック紙の新聞社社員)
●コロナについては、感染が確認された事業者自身が貼り紙やサイトで公表しているのに、行政が発表し
ていないと掲載しない。結局、噂が先行して、自分も関係しているかも、と疑心暗鬼になるばかり。報道現
場は公の発表だけを出すのでなく、独自判断をすべきだ。(新聞社・通信社社員)
●テレワーク推進後、現場に入る記者が減り発表原稿が増えた。またコロナとバッシングの怖さから現場
を見ていなくてもやむを得ない雰囲気がある。(ブロック紙の新聞社社員)
●医療や科学系でエビデンスを軽視した報道が見られること。(新聞社・通信社社員)
●外出自粛が求められているなか、会社が明確な取材ルールを示していない。現場の判断に丸投げ。自
分が無症状上だった場合、無自覚に感染を拡大させるリスク、意識の低い取材相手から感染するリスク
について何も考えていない。(全国紙の新聞社社員)
●感染防止対策で一定協力するのは必要だが権力側が他の重要事案をケムに巻いていないか。そちら
を追及しようとすれば世論からも「今なのか」と批判にも晒される。その批判が権力の暴走を許しかねない
のに、目先を追うことに精一杯になっている。(新聞社社員)
●災害取材などで毎度そうであるが、今回のコロナでも死者が出たならば、その映像取材でなどで報道
側の自主規制が始まるだろう。現段階で、他国では報道されているコロナ治療の最前線の医療現場さえ、
日本では報道されていないことに危機感を覚える。(通信社社員)

取材現場でコロナ報道に危機感 新聞労連などがアンケート
https://this.kiji.is/625827244214944865?fbclid=IwAR2LqpDTVa46siQumOl92v3GCPz

新聞労連や民放労連などでつくる「日本マスコミ文化情報労組会議」(MIC)が報道関係者に「報道の危機」に関するアンケートを実施したところ、新型コロナ報道について「感染防止のため現場取材ができず、当局発表に流されていく」などの声が、23日までに多数寄せられた。

 

関連過去記事

【必見】新型コロナで戦場状態、BBCが首都圏の病院を取材!「東京は患者で溢れ返っています」
https://johosokuhou.com/2020/04/25/30074/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!