新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

PCR検査を拡大するための予算が行方不明?PCR検査センターの予算はゼロ 関連予算全体でも僅か49億円

政府が決めた補正予算にはPCR検査を増やすための費用が全く含まれていないことが分かりました。

2020年度の補正予算案は1兆6371億円となりましたが、新型コロナウイルスの検査関連は僅かに49億円だけ。

しかも、この内訳を見てみると、殆どが地方衛生試験所での検査費用や自己負担分の補助などで、PCR検査を増やすための必要経費はほぼ無い状態になっていることが発覚。安倍首相は1日2万件の検査を実施すると強調していましたが、そのために必要な予算は空っぽとなっているのが実態でした。

国会でも野党からPCR検査の拡大を求める声が相次いでいますが、政府は「出来る限り努力をしている」などと答弁を繰り返すだけで、具体策を語ることはほぼ無かったです。
旅行を促進するためのGoToキャンペーンには1兆円以上の予算を付けているわけで、国は全くPCR検査の拡大をやる気が無いと言えるでしょう。

 

PCR検査費1日1500件のア然…“1日2万件”は予算案から消えた
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272521

コロナ対策の最前線に立つ厚労省の補正予算案は総額1兆6371億円。大まかな内訳は▼感染拡大防止策と医療提供体制の整備及び治療薬の開発=6695億円▼雇用の維持と事業の継続=9627億円▼強靱な経済構造の構築=54億円――だ。この中身について、NHK「日曜討論」(26日放送)で国民民主党の泉健太政調会長がこう発言していた。
「PCR関係には49億円の費用がついている。厚労省にどういう算定なんだと聞いたら、55万件分のPCR検査のお金だと。1日あたりに直すと1500件なんですよ」

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!