新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【画期的】中和抗体の作製に成功!人工的に抗体を作り出す!ウイルス阻害効果も確認 北里大学などのグループ


ウイルスを阻害するための中和抗体を世界で初めて人工的に作り出すことに成功したことが分かりました。
これは北里大学の山和彦教授らの研究グループが発表した情報です。

ウイルスに感染すると体内で作られる「抗体」と呼ばれるたんぱく質には複数の種類があり、その中でもウイルスと結び付いてウイルスと細胞の結合を妨害する効果がある「中和抗体」を人為的に作製。
この中和抗体を実際に細胞実験で使ってみたところ、中和抗体を加えた細胞は殆どがウイルスに感染しなかったと報告されています。

中和抗体の作製には新型コロナウイルスの表面にあるたんぱく質を分析しており、新しい治療薬の開発に応用できるのではないかとして、世界的に注目を集めているところです。

研究チームは今回の結果について、「本成果は新型コロナウイルスの治療薬や検査薬の開発に繋がることが期待できます。今後、今回の成果を世界中で活用できる方法について検討し、発信して参ります」とコメントし、世界中で活用することも視野に入れて情報発信を続けるとしていました。

 

大村智記念研究所片山和彦教授ら研究グループが新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して感染抑制能(中和能)を有するVHH抗体の取得に成功
https://www.kitasato-u.ac.jp/jp/covid-19/press/20200507.html


北里大学大村智記念研究所ウイルス感染制御学I 研究室片山和彦教授ら及び、株式会社Epsilon Molecular Engineering(社長・根本直人、以下EME)、花王株式会社(社長・澤田道隆)安全性科学研究所の研究グループは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して感染抑制能(中和能)を有するVHH抗体の取得に成功しました。
この研究成果は、新型コロナウイルス感染症の治療薬や診断薬の開発に繋がることが期待されます。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!